解決事例

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない。

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:無職

事故直後の診断

頚椎捻挫、第3・4胸椎圧迫骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
572万円 1,040万円 併合11級 468万円

事故の状況

Tさんは青信号で横断歩行中、交差点を左折してきた乗用車にはねられて救急搬送され、頚椎捻挫および第3・4胸椎圧迫骨折のケガを負いました。

満足度UPポイント

Tさんは事前提示の金額に不満があったわけではありませんでしたが、事前提示額の計算根拠が分からなかったこともあり弁護士に相談されました。 そこで弁護士による試算の結果、明らかに少ない金額での提示であったため弁護士による適正な金額の賠償を相手方に求めていくこととしました。 Tさんは裁判上の請求は希望されず、お互いが歩み寄っての示談となりましたが、それでも事前提示額の2倍近い示談金額に満足されました。