解決事例

【北九州市小倉南区】保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Iさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代女性
    • 職業:会社員

事故直後の診断

なし

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 88万円 なし

事故の状況

Iさんは、優先道路へと進入する手前の一時停止線で停止した際に、後ろから きていた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりまし た。

満足度UPポイント

Iさんは、事故のケガの治療中、保険会社からかかってきた電話で「軽微事故だったし、医師もそろそろ症状固定と言っていたので治療を終わってください」と言われました。しかし、Iさんが直接医師に話を聞いたところ、医師からは「まだ治療を終える段階ではないし、保険会社にそんな話はしていない」と言われ、保険会社が信用できなくなり、保険会社に治療費対応を継続してもらえるよう交渉をしてほしいということでフレアに相談されました。そこで、フレアが依頼を受け、弁護士が保険会社とIさんの治療費対応について交渉を行ったところ、保険会社はIさんへの治療費対応打ち切りの打診を撤回し、治療費対応を継続してもらえることとなりました。その後、Iさんは医師により症状固定と判断されるまでの間保険会社対応での治療を継続され、無事にケガの痛みもなくなって示談となった解決結果にとても満足されました。