解決事例

【北九州市小倉南区】保険会社が病院の治療費を支払ってくれない。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Kさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:アルバイト

事故直後の診断

腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 96万円 なし

事故の状況

Kさんは、バイクを運転中、横断歩道を渡る歩行者がいたために横断歩道手前でバイクを停車させたところ、後続の車に追突され、Kさんはその際の衝撃で腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Kさんは、事故から3か月ほど経ってもケガの痛みが治まらないため転院を希望されていましたが、保険会社は時期的にもそれを症状固定と判断しました。
フレアが、Kさんから依頼を受け、Kさんの治療費対応について保険会社と交渉しましたが、「医師も症状固定と判断している」「Kさんに腰椎ヘルニアの持病がある」などの理由から治療費対応の延長には応じませんでした。
そこで、フレアはKさんと相談し、その後の治療費については加害者の自賠責保険へ被害者請求することを前提にひとまず自費での通院を続けてもらいました。
その後、Kさんは治療を続けた効果もあってケガの痛みはほとんど感じないくらいにまで回復したため治療を終了し、予定通りフレアが被害者請求のサポートをさせていただきました。
自賠責保険への被害者請求の結果、Kさんが自費で通院を続けた期間の治療費も本件交通事故被害の損害として認定され、Kさんは自賠責保険から支払いを受けることができました。そして、弁護士が、Kさんが自賠責保険から支払いを受けた金額と裁判所基準で算定した金額の差額分は保険会社へ請求し、保険会社から追加の支払いを受けることで示談成立となりました。
Kさんは、フレアに相談・依頼したことで、十分な期間ケガの治療を受けることができ、最終的には適正な金額の賠償金を受け取ることができた解決結果となったことにとても満足されました。