解決事例

車の評価損を請求したい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Iさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社役員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 72万円(人身)、19万円(車の評価損) なし

事故の状況

Iさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。
相手方運転手の居眠り運転が事故の原因でした。

満足度UPポイント

Iさんは、新車を購入して3か月経った頃に事故に遭い、フレームにも損傷を受けて修理が必要な状態でした。
Iさんはご自身で色々と調べられ、車の評価損の請求ができることを知り、弁護士に保険会社との交渉をお願いしたいということでフレアに相談されました。
そこで、フレアがIさんからの依頼を受け、保険会社とIさんの車の評価損について交渉をさせていただくこととなりました。
弁護士による保険会社への請求後、保険会社は最初は評価損の認定に消極的でしたが、弁護士が何度か交渉を重ねた結果、最終的に話し合いでの解決であれば修理代の約2割に相当する19万円であれば評価損として認定する旨の回答を得ることができ、Iさんも訴訟までは考えていなかったため、無事に示談となりました。
その後、Iさんはケガの治療を続けられ、事故から約5か月後に治療を終え、引き続きフレアがIさんの損害賠償金について保険会社と交渉をさせていただきました。
そして、弁護士による交渉の結果、慰謝料等は裁判所基準をベースに話がまとまり、Iさんは弁護士が算定した適正な金額で示談することができた解決結果にとても満足されました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82