解決事例

保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 268万円 非該当⇒(異議申立)14級9号

事故の状況

Tさんは、車を運転して直進走行中、Tさんの右側車線を並走していた車が突然の車線変更でTさんの車と接触し、Tさんはその際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故後3か月ほど治療を続けたところで保険会社から「今月末までしか治療費の支払いができないので、治療を終わらせてほしい」と言われ 、まだ首に痛みが残っていたTさんは困ってフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、Tさんの主治医の協力のもと、「Tさんはまだ症状固定の時期ではなく相当期間は治療の継続が必要である」と弁護士が保険会社と交渉を行いました。
その結果、保険会社はTさんの治療費の支払い継続に応じ、最終的にTさんは事故から6か月ほど治療を行うことができました。
しかし、事故から6か月ほどが経過してもTさんの首の痛みは残っていましたので、フレアはまずTさんの後遺障害申請のサポートをさせて頂きました。
後遺障害申請の結果は「非該当」となり、この結果にはTさんもフレアも納得できず、改めてTさんの主治医の協力のもと、新たな資料等を準備して後遺障害申請結果「非該当」に対する異議申立を行いました。その結果、事故後Tさんに残存する首の痛みの症状は後遺障害14級として認定され、その後の弁護士による保険会社との示談交渉においてTさんは最終的に約268万円の損害賠償金を受け取ることができ、この解決結果にTさんは納得され、とても満足されました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82