解決事例

【北九州市八幡東区】保険会社が病院の治療費を支払ってくれない。

北九州市八幡東区

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、左肩関節捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 64万円 なし

事故の状況

Yさんは赤信号停車中に右後方から追突をされ、その際の衝撃で首や肩、腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Yさんは保険会社から「最初の病院代しか支払えない」と言われ、定期的な通院にかかる治療費をどうしたらいいのか困り、フレアに相談されました。
Yさんは仕事が終わる時間が遅かったこともあり整形外科に通える日が限られていたため整骨院への通院も併用していました。フレアは、医師に整骨院での治療の必要性・有効性を確認したうえでYさんへは整形外科と整骨院併用での治療を継続してもらい、医師の症状固定の判断をもってまずは自賠責保険への被害者請求手続きを行いました。その結果、自賠責保険から整形外科と整骨院の治療費すべてを支払ってもらうことができ、裁判所基準との差額慰謝料は保険会社から支払ってもらうことで示談が成立しました。
Yさんは自己負担していた治療費が無事に自賠責保険から支払ってもらえたことと、慰謝料については保険会社にも支払ってもらえたことで解決結果に満足されました。