解決事例

【福岡県遠賀郡水巻町】保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われ、納得ができない。

福岡県遠賀郡水巻町

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 268万円 14級9号

事故の状況

Sさんは、赤信号停車中に後続車から追突され、その際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Sさんは事故から3か月ほど経ったところで保険会社から治療費の支払いを打ち切ると連絡があり、まだ痛みが残っている状態で病院での治療も途中だったため、今後どうしたらいいのかが分からずにフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、弁護士が保険会社とSさんの治療費対応について交渉を行ったところ1か月間の治療費対応を延長してもらえることになりました。
しかし、保険会社の治療費対応が終わった後もSさんの痛みの症状は継続していましたので、ひとまずは自費での治療を継続してもらいました。
その後、事故から6か月ほど経ったところでSさんは医師から症状固定の判断をされましたので、フレアは自賠責保険に対し、Sさんが自費で通院された分の治療費の回収と後遺障害等級認定の申請を行いました。
その結果、無事に治療費の回収と後遺障害14級の認定を受けることができましたが、保険会社との損害賠償金の交渉においては保険会社から誠意ある回答が得られなかったため、交通事故紛争処理センターへの申立を行いました。
申立後、同センターの和解あっ旋により、フレアの請求の大部分を保険会社に認めてもらうことができ、同センターへの申立前に保険会社が提示していた金額から大幅な増額での示談となったことでSさんは大変満足されました。