解決事例

【福岡県遠賀郡岡垣町】過失割合が納得できない。

福岡県遠賀郡岡垣町

  • 男性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

怪我なし

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 11万(物損) なし

事故の状況

Nさんは、交差点を右折した後、コンビニの駐車場に入ろうとハンドルを左に切ったところ、後方のバイクが転倒してNさんの車の左後部に接触しました。

満足度UPポイント

Nさんは、相手保険会社から今回の事故の過失割合は50:50という提示を受け、とても納得できないということでフレアに相談されました。

フレアは、Nさんから今回の事故の状況の話を聞いたところ、Nさんの車に接触してきたバイクはNさんと同じく交差点を右折してきたのではなく、交差する道路左側で赤信号待ちをしていたバイクとのことでした。そのため、交差点からNさんが入ろうとしていたコンビニの駐車場までの距離を考えると、バイクが青信号に変わる前に見切り発車したか猛スピードで加速してこないと説明がつかないとフレアは判断し、Nさんからの依頼を受け、相手保険会社と過失割合についての交渉のご依頼を受けました。

フレアはまず、事故当時の現場の信号が変わるタイミングを警察に照会し、その上で事故現場にも足を運び、実際の車の流れや信号が青に変わって事故現場までの移動時間も含め調査を行いました。

その調査の結果、もし事故の相手方が信号が青になって交差点に進入したのであれば、Nさんの車に接触する可能性は極めて低いと判断し、それを元に相手保険会社と過失割合についての交渉を行ったところ、相手保険会社は段階的に譲歩の姿勢を見せ、さらに交渉を重ねて、最終的にはNさんの過失割合を10%とすることで合意できました。

Nさんは、最初の相手保険会社からの提示に泣き寝入りせずフレアに相談したことで大幅にご自身の過失割合が下がった結果にとても満足されました。