解決事例

【北九州市八幡西区】後遺障害申請の結果が「非該当」だった。まだ痛みが残っているのに納得いかない。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Oさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

全身打撲傷、第5頚椎椎間板ヘルニア

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
(傷害部分は先行示談済み) 140万円(後遺障害部分のみ) 非該当⇒(異議申立)14級9号

事故の状況

Oさんは、赤信号停車中に後ろから大型トラックに追突され、その際の強い衝撃で身体全体を車体に強く打ちつけられました。

満足度UPポイント

Oさんは、約3年前に事故に遭い、保険会社に後遺障害申請をしてもらうも結果は非該当となっていました。しかし、Oさんは事故後ずっと左足のしびれや首・腰の痛みが続いており、知人の紹介もあって藁にも縋る思いでフレアに相談されました。
そこで、フレアは後遺障害申請結果(非該当)に対する異議申立のご依頼を受け、Oさんをサポートさせていただきました。まずは、Oさんの事故当時の担当医を探しだし、すでに別の病院に移っていたため書面による医療照会を行うなど、事故と現在のOさんに残存する症状の因果関係を立証する書面を準備しました。その他、事故から相当の時間が経過していたこともあって事前準備はより丁寧に行いました
そして、後遺障害申請異議申立の結果、Oさんは無事に後遺障害14級の認定を受けることができ、自賠責保険金を含む後遺障害に対する賠償金を受け取れたことにご満足いただけました。