解決事例

【山口県下関市】保険会社から一方的に治療費対応終了の連絡を受け、納得できない。

山口県下関市

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群・腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 81万円 なし

事故の状況

Tさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故によるケガの治療のため仕事帰りに整骨院に通われていましたが、保険会社から医師の診察を受けていないことを理由に事故から3か月を目処に治療費の支払いを終了する旨の連絡を受け、フレアに相談されました。

Tさんは仕事が終わる時間の都合上、どうしても病院へ通院することができず、そのために夜遅くまで開いている整骨院でケガの治療を受けていましたが、治療の効果は感じられていました。そこで、弁護士が保険会社とTさんの治療費対応について交渉を行った結果、1か月間の治療費対応の延長を保険会社に了承してもらうことができ、Tさんは保険会社による一方的な治療費対応終了ではなく、納得できる期間治療を続けられたことに満足されました。