解決事例

【福岡市南区】保険会社から一方的に治療費対応終了の連絡を受け、納得できない。

福岡市南区

  • 女性
    • 名前:Hさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

外傷性頚部症候群、腰部挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 65万円 なし

事故の状況

Hさんは、息子さんが運転する車の助手席に乗っていたところ、渋滞停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Hさんは、事故直後に病院で医師の診察を受け、その後は整骨院に通って治療を受けていましたが、保険会社から治療の過程において医師の診察を受けていないことを理由に事故から3か月を目処に治療費の支払いを終了する旨の連絡を受け、フレアに相談されました。

Hさんは、ケガの回復具合を確認されることもなく、単に事故から3か月という期間だけで治療費の支払いを終了するという一方的な保険会社の対応に強い憤りを感じられていました。

フレアはHさんからの依頼を受け、保険会社とHさんの治療費対応期間についての交渉を行いましたが、保険会社は当初、頑なに事故から3か月での治療費対応終了の主張を変えませんでした。その後も、何度か交渉を重ね、最終的には約1か月の治療費対応の延長に保険会社は応じ、Hさんも了承をされました。

治療終了にあたり、Hさんはほとんどケガの痛みを感じることがないくらいに回復をされ、納得できる期間治療を続けられたことに満足されました。