解決事例

【北九州市門司区】保険会社とのやりとりが大変なので弁護士にお願いしたい。

北九州市門司区

  • 女性
    • 名前:Wさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫・前胸部打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 85万円 なし

事故の状況

Wさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で胸をハンドルに打ちつけて受傷しました。

満足度UPポイント

Wさんは、初めての交通事故ということに加えて仕事と4人のお子さんの世話をしながら保険会社対応まではできないと困っていたところ、自動車修理工場の方から「Wさんの任意保険に弁護士費用特約が付いているから弁護士に相談しては」と勧められました。Wさんは自分の任意保険に弁護士費用特約が付いていたことを知らず、保険会社とのやりとりが大変だったこともありフレアに相談されました。そして、以後のやりとりは全てフレアに依頼されました。
フレアに依頼後、Wさんは保険会社とのやりとりから解放されたことで精神的な負担がなくなり、それだけでも弁護士への依頼のメリットを感じられていました。
事故から4か月ほどでWさんは治療を終え、幸いにも後遺障害が残ることなくケガの痛みはほとんど感じないまでに回復されました。賠償金についても弁護士が算定した適正な金額を保険会社に支払ってもらうことができ、Wさんは解決結果にとても満足されました。