解決事例

【北九州市小倉南区】最後の示談交渉は弁護士にお願いしたい。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Sさん
    • 性別:女性
    • 年齢:70代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚・腰椎捻挫、左肩打撲、歯牙はせつ

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
119万円 なし なし

事故の状況

Sさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突されました。加害者はスマホを操作しながらの運転でSさんの車が停まっていることに気づかず、ノーブレーキのまま追突してきたようでSさんは相当の衝撃を受け、受傷しました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故によるケガの治療が終了したタイミングで、最後の示談交渉は弁護士にお願いしたいということでフレアに相談されました。
フレアは、今回の事故の原因が加害者の著しい過失によるものやSさんが衝突の際に歯を食いしばったことで1本の歯が欠けたことなどを考慮し、慰謝料の算定にあたっては通常のむち打ちよりも高い基準を用いて保険会社への請求を行いました。しかし、保険会社は加害者の著しい過失やSさんの歯が1本欠けたことなどは一切考慮せず、通常のむち打ちと同程度での示談案を提示してきました。
その後も弁護士は保険会社と交渉を重ね、最終的には保険会社はフレアの請求ベースに応じて示談することを承諾し、Sさんは思っていた以上の慰謝料を受け取ることができ、解決結果にとても満足されました。