解決事例

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡県飯塚市

  • 男性
    • 名前:Fさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
64万円 94万円 なし 30万円

事故の状況

Fさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Fさんは、事故の治療が終わって保険会社から示談金額の提示を受けましたが、周りから「弁護士に頼んだ方が慰謝料が上がる」と言われ、その提示された示談金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。<br> フレアが、保険会社からFさんに提示された示談金額の内容を確認したところ、慰謝料部分の算定が低く、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがある旨をお伝えして示談交渉のご依頼となりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともと保険会社からFさんに提示されたいた金額から約30万円の増額となり、また、弁護士費用特約の使用でFさんは弁護士費用の自己負担なく解決できたことにとても満足されました。

保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

北九州市若松区

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、左足部圧挫傷、左肩鎖関節脱臼

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 944万円 併合12級

事故の状況

Sさんは、バイクで走行中、前方の車が左折しようとしていたためにその右側から追い越そうとしたところ、その前方の車が急に左折を止めて今度は右折しようとしたために避けられず衝突し、Sさんは転倒して受傷しました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故後保険会社からたくさんの書類が届いたり電話がかかってくることを負担に感じ、できれば治療に専念したいということでフレアに相談されました。
Sさんがフレアに相談されたのは事故からまだ2週間ほどであったこともあり、Sさんは強い痛みの症状を訴えていましたので、フレアが依頼を受けて保険会社対応の一切を引き受け、Sさんには治療に専念をしていただきました。
Sさんの治療期間中、フレアは定期的にSさんの治療経過を確認し、また、後遺障害申請を見据えたアドバイスもさせていただきました。
事故から5か月を過ぎた頃、Sさんは医師より症状固定と判断されましたが、左肩に変形障害が残ったため、フレアはSさんの後遺障害申請のサポートをさせていただきました。
左肩の写真を撮り、見た目にも分かるほどの変形障害が残ってしまったことを書面で付け加え、しっかり準備して後遺障害申請を行った結果、Sさんは無事に後遺障害12級の等級認定を受けることができました。
その後、弁護士が保険会社とSさんに対する賠償金額の交渉を行い、Sさんは最終的に約944万円の賠償金を受け取ることができ、事故直後からの依頼で治療に専念できたうえに想像以上の賠償金を受け取ることができた解決結果にとても満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Wさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
58万円 83万円 なし 25万円

事故の状況

Wさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Wさんは、事故から7か月ほど治療に通われました。
事故前にはあまりなかった頭痛の症状が時おり出ることはありましたが後遺障害の申請は行わず、保険会社から慰謝料を支払ってもらってこの件は終わらせようと考えられていました。
そして、保険会社から書面で示談金額の提示を受けましたが、特に何の説明もなかったことが不安になり、保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からWさんに提示された示談金額の内容を確認したところ、慰謝料の算定が自賠責保険の低い基準に抑えられていたため、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがあり、その旨をWさんにお伝えしてフレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
弁護士による交渉の結果、もともと保険会社からWさんに提示されていた金額から約25万円増額での示談となり、Wさんは「示談を弁護士さんにお願いして良かった」ととても喜ばれました。

最後の示談交渉は弁護士に任せたい。

福岡県中間市

  • 女性
    • 名前:Uさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:兼業主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 130万円 なし

事故の状況

Uさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Uさんは、事故によるケガの治療が終了したタイミングで、最後の示談交渉は弁護士に任せたいということでフレアに相談されました。
フレアは、Uさんからの依頼を受け、保険会社からUさんの事故に関する書類一式を取り付け、今回の事故に遭ったことでUさんに生じた損害額を算定しました。
損害額の算定にあたり、慰謝料の他、パートで仕事をしながら主婦業もこなしていたUさんの休業損害(主婦休損)もしっかりと考慮しました。
そして、弁護士による交渉の結果、保険会社とは約130万円をUさんに対して支払う内容の示談が成立し、Uさんは自分で思っていた以上の金額の賠償金を受け取ることができた解決結果にとても満足されました。

保険会社からの示談提示金額に納得できない。

福岡県中間市

  • 男性
    • 名前:Aさん
    • 性別:男性
    • 年齢:60代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

第一腰椎推体骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
48万円 775万円 11級7号 727万円

事故の状況

Aさんは、自転車で走行中にコンビニの前に差しかかった際、対向車線の車が急な右折でそのコンビニに入ろうとしてAさんの自転車に衝突し、Aさんは吹き飛ばされて骨折を伴う重傷を負いました。

満足度UPポイント

Aさんは、事故後8か月ほど治療を行ったところで症状固定となり、保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その金額は約48万円と到底納得できるものではありませんでした。
Aさんがそれを保険会社に伝えたところ「後遺障害の認定が下りればまた考える」とのことで、Aさんは保険会社に後遺障害の申請をお願いしましたが、その結果を待っている間に「やはり保険会社との交渉は弁護士に頼みたい」と思い、フレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、保険会社からAさんの事故に関する書類を取り付けてその内容を確認したところ保険会社がAさんに提示していた示談金額約48万円は妥当とは言えず、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがあることが分かりました。
その後、Aさんには後遺障害11級の等級認定が下り、それを踏まえて弁護士がAさんの損害賠償額を算定して保険会社と交渉を行い、Aさんは最終的に保険会社から約775万円の賠償金を支払ってもらうことができました。
Aさんはこの解決結果をとても喜ばれ、「最初に保険会社から提示を受けた後に自分一人で解決しようとせずフレアさんに相談して本当に良かった」と何度もお礼を言われました。

後遺障害について相談したい。

福岡県豊前市

  • 女性
    • 名前:Nさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 344万円 非該当⇒(異議申立)併合14級

事故の状況

Nさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故から3か月を経過しても首や腰の痛みが取れず、このままずっとこの状態が続くのかと不安になり、フレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、保険会社対応の一切を引き受けることでNさんには治療に専念をしてもらいました。
事故から6か月を過ぎた頃、Nさんは医師より症状固定と判断をされましたが、Nさんはまだ首や腰の痛みでつらい毎日を過ごされていましたので、フレアはまずNさんの後遺障害申請のサポートをさせていただきました。
最初の後遺障害申請の結果は「非該当」となりましたが、Nさんもフレアもその結果には納得できず、症状固定後の通院実績なども踏まえて異議申立を行いました。
その結果、最初の「非該当」の結果は覆り、Nさんは無事に後遺障害14級の等級認定を受けることができました。
その後、弁護士による保険会社との交渉を経て、Nさんは約344万円の損害賠償金を受け取ることができ、ケガの痛みが完全に治ったわけではありませんでしたが、この解決結果にはとても満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前:Kさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、左手関節捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
44万円 88万円 なし 44万円

事故の状況

Kさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Kさんは、事故から7か月ほど治療を続けられた後、保険会社に後遺障害申請を行ってもらいましたが結果は「非該当」でした。
その後、保険会社から示談金額の提示を受け、その金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアはまず、Kさんの後遺障害申請結果「非該当」に対する異議申立を検討しましたが、診断書に書かれていた内容や治療期間中の通院回数などからKさんが後遺障害の等級認定を受けるのは難しいと判断し、Kさんにもその旨をお伝えしました。
Kさんは異議申立を行わず、保険会社から提示されていた示談金額の増額交渉を希望されました。
そこで、弁護士が保険会社と交渉を行い、その結果、示談金額はもともとKさんが保険会社から提示を受けていた金額の約2倍となり、また、解決までにかかった時間もご依頼から1か月以内のスピード解決となったことでKさんはこの解決結果にとても満足されました。

後遺障害について相談したい。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Iさん
    • 性別:女性
    • 年齢:70代
    • 職業:無職

事故直後の診断

右第5肋骨骨折、閉鎖性肺挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
142万円 294万円 14級9号 152万円

事故の状況

Iさんは、ご主人が運転する車の助手席に同乗中に事故に遭い、その際の衝撃で肋骨骨折を伴う重傷を負いました。

満足度UPポイント

Iさんは事故から6か月ほど経ったところで治療を終えられ、保険会社から示談金額の提示を受けました。骨折した部位の癒合状態は良好でしたが、それでもまだ肋骨の辺りには痛みが残っていたためにIさんはこのまま示談していいのか不安に思い、フレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、まずIさんの後遺障害申請についてサポートをさせていただきました。
Iさんが乗っていた車は大きな損傷を受けており廃車となっていましたが、その事故の衝撃の大きさが分かるように車の写真を添付したり、事故後のIさんの日常生活への支障などを書面にして後遺障害申請を行いました。
その結果、Iさんは無事に後遺障害14級の等級認定を受けられ、その後の保険会社との示談交渉においても、もともとIさんが保険会社から提示を受けていた金額の2倍以上の金額で示談がまとまり、この解決結果にIさんはとても満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡県中間市

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
44万円 80万円 なし 36万円

事故の状況

Mさんは、車で走行中、前方に左折待ちで停車していた車がいたためにその後ろに停車して待っていたところ、後ろからきた車に追突され、Mさんの車はその衝撃で押し出されて前方に停まっていた車に衝突し、Mさんは受傷しました。

満足度UPポイント

Mさんは、事故から半年ほど治療に通われました。ただ、仕事が忙しくてなかなか病院への通院の時間が取れなかったこともあり、通院回数は多くはありませんでした。それでも、何とか事故によるケガの痛みはほとんどなくなり、Mさんはその点は安心されていました。
治療を終えてしばらくして、Mさんは保険会社から最終的な慰謝料の提示を受けました。
しかし、その金額だけを見てもそれが妥当なのかどうかMさんは分からず、“交通事故被害の相談は無料のフレア”に相談されました。
フレアが、保険会社からMさんに提示された示談内容の書面を確認したところ、保険会社の慰謝料の算定が自賠責保険の基準に低く抑えられており、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがありました。
そこで、フレアが示談交渉の依頼を受け、弁護士が保険会社と交渉を行ったところ、示談金額はもともとMさんが保険会社から提示を受けていた金額の2倍近くまで増額しました。
この解決結果にMさんはとても喜ばれ、「勇気を出して相談して良かったです。本当にありがとうございます。」とおっしゃっていただきました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Kさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
18万円 35万円 なし 17万円

事故の状況

Kさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Kさんは事故による衝撃で首を痛めましたが、仕事が忙しくなかなか病院へ通院するための時間を取ることができませんでした。
事故から5か月ほど経った頃、Kさんは通院の時間が取れないことを理由に治療を中止され、保険会社から示談金額の提示を受けられましたが、その金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
Kさんは、治療期間中の通院回数が22回と少なく、そのために保険会社による慰謝料の算定は自賠責保険の基準に抑えられていました。
そこで、フレアが依頼を受け、弁護士がKさんの慰謝料について裁判所の基準をベースに保険会社と交渉を行いました。その結果、示談金額はもともと保険会社からKさんに提示されていた金額の約2倍となる約35万円でまとまり、Kさんはこの解決結果にとても満足されました。