解決事例

車の評価損を請求したい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Iさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社役員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 72万円(人身)、19万円(車の評価損) なし

事故の状況

Iさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。
相手方運転手の居眠り運転が事故の原因でした。

満足度UPポイント

Iさんは、新車を購入して3か月経った頃に事故に遭い、フレームにも損傷を受けて修理が必要な状態でした。
Iさんはご自身で色々と調べられ、車の評価損の請求ができることを知り、弁護士に保険会社との交渉をお願いしたいということでフレアに相談されました。
そこで、フレアがIさんからの依頼を受け、保険会社とIさんの車の評価損について交渉をさせていただくこととなりました。
弁護士による保険会社への請求後、保険会社は最初は評価損の認定に消極的でしたが、弁護士が何度か交渉を重ねた結果、最終的に話し合いでの解決であれば修理代の約2割に相当する19万円であれば評価損として認定する旨の回答を得ることができ、Iさんも訴訟までは考えていなかったため、無事に示談となりました。
その後、Iさんはケガの治療を続けられ、事故から約5か月後に治療を終え、引き続きフレアがIさんの損害賠償金について保険会社と交渉をさせていただきました。
そして、弁護士による交渉の結果、慰謝料等は裁判所基準をベースに話がまとまり、Iさんは弁護士が算定した適正な金額で示談することができた解決結果にとても満足されました。

ケガが大きく、今後の生活が不安。後遺障害について相談したい。

福岡県中間市

  • 女性
    • 名前:Hさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

顔面打撲、右肘打撲、眉間部裂創、右大腿部打撲、右胸部打撲、腹部打撲、右頬部擦過傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
795万円 非該当(3回)⇒(異議申立)8級1号

事故の状況

Hさんは、黄色点滅の信号を徐行して交差点内に進入したところ、交差する赤色点滅の信号を一時停止無視した車がノーブレーキでHさんの運転する車の側面に衝突し、Hさんの車はガードレールに飛ばされ、Hさんは開いたエアバッグで顔面を強打して受傷しました。

満足度UPポイント

Hさんは事故によるケガで右目を失明し、今後の生活が不安ということで精神的にかなり落ち込んでおり、それを心配したHさんの娘さんがHさんと一緒にフレアに相談されました。
Hさんとの面談の際、治療中の保険会社対応、後遺障害申請のサポート、最終的な損害賠償請求まですべてをフレアが責任をもって対応することを弁護士がHさんにお約束し、ご依頼となりました。
Hさんが治療を続けられている間、フレアはできる限りHさんの精神面のサポートをさせていただき、Hさんの治療終了後は当初の予定とおり後遺障害申請を行いました。
しかし、最初の後遺障害申請の結果は、Hさんの右目の失明と事故との因果関係が不明という理由から「非該当」となりました。
Hさんが事故直後に右目の視力検査を行っていれば違った結果になった可能性はありますが、事故直後のHさんの右目は大きく腫れ上がっており目が開かずに視力検査はそもそもできる状態ではありませんでした。
当然、この「非該当」の結果にはHさんもフレアも納得ができず、異議申立を行いましたが結果が覆ることはありませんでした。2回目の異議申立も結果は同様でした。
それでもHさんの辛い様子をずっと見てきたフレアは諦められず、改めてHさんと3回目の異議申立に向けて打ち合わせを行い、そこで初めてHさんが事故前に眼科にかかっていたことを教えていただき、医師面談と異議申立への協力をお願いすることができました。
また、事故の直前に運転免許証の更新をしていたことも分かり、Hさんが事故前は視力に異常がなかったことの裏付けとして 3回目の異議申立を行い、その結果、やっとHさんは後遺障害8級の等級認定を受けることができました。
Hさんは、後遺障害の等級認定を受けて十分な賠償金を受け取ることができた解決結果はもちろんですが、それよりもフレアの親身なサポートをとても喜ばれ何度も何度も感謝の言葉を頂戴することができました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Hさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
21万円 51万円 なし

事故の状況

Hさんは、車を運転して2車線道路の左車線を走行中、右車線を並走していた車が突然車線変更をしてきたことでHさんの車と衝突し、Hさんはその際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Hさんは車にドライブレコーダーを付けられており、その映像からHさんが回避不能な事故であったことが証明されHさんは過失責任を負わないということで保険会社とは話がまとまっていました。
幸い、Hさんのケガはそこまで大きくはなく事故から3か月経たないくらいで治療は終えることができました。
治療終了後、Hさんは保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その内容が妥当なものかどうか分からないということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からHさんに提示された書面を確認したところ、Hさんの治療期間中の通院回数が少なかったことで慰謝料の算定が自賠責保険の基準に低く抑えられており、弁護士による交渉で十分に増額が可能と判断しました。
そこで、フレアがHさんからの依頼を受け、弁護士が保険会社と示談交渉を行ったところ、慰謝料の算定は裁判所の基準をベースとすることで保険会社と話がまとまり、その結果、示談金額はもともとHさんが保険会社から提示を受けていた金額の2倍以上となり、Hさんは「示談交渉をフレアさんにお願いして本当に良かったです」と、とても喜んでいただきました。

保険会社から提示された示談金額が少ない気がする。本当に妥当な金額なのか?

北九州市八幡東区

  • 女性
    • 名前:Sさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、両側胸部打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
70万円 113万円 なし

事故の状況

Sさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故から4か月ほどでケガの治療を終えられ、保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その中の休業損害(主婦休損)の項目の計算方法に納得がいかず、フレアに相談されました。
フレアが、保険会社からSさんに提示された示談内容を確認したところ、Sさんの損額額の総額が自賠責保険の上限120万円にギリギリ収まるように算定されており、Sさんが納得されてなかった休業損害(主婦休損)は弁護士による交渉で十分に増額が可能でした。
そこで、フレアがSさんからの依頼を受け、弁護士が保険会社と示談交渉を行ったところ、示談金額はもともとSさんが保険会社から提示を受けていた金額から約43万円の増額となり、Sさんはこの解決結果にとても満足されました。

最後の示談交渉は弁護士にお願いしたい。

山口県下関市

  • 女性
    • 名前:Tさん
    • 性別:女性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 66万円 なし

事故の状況

Tさんは、路肩でハザードランプを付けて停車していたところ、後ろからきた車がTさんの車の右後方に衝突し、Tさんはその衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故に遭って4か月ほど治療を続けたところで治療を終了されました。
Tさんは、周りの人からは「示談書が届いてもそのままサインせずに保険会社に少しでも増額できないか聞いてみた方がいいよ」とアドバイスされたものの 治療中の保険会社との話が苦痛だったこともあり、最後の示談交渉は弁護士にお願いしたいということでフレアに相談されました。
そこで、フレアがTさんからの依頼を受け、まずは保険会社からTさんの損害額算定のための資料を取り付け、弁護士が保険会社に対するTさんの損害賠償額の算定を行いました。
そして、弁護士による交渉の結果、保険会社とはほぼ弁護士の算定とおりの金額で示談がまとまり、Tさんは保険会社と一切の話をすることがなく示談することができた解決結果にとても満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前:Fさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
26万円 48万円 なし 22万円

事故の状況

Fさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Fさんは、事故後3か月ほど治療を続けたところで症状が緩和し、治療を終えられました。
その後、保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からFさんに提示された示談金額の内容を確認したところ、慰謝料部分は十分に増額の見込みがあり、それをFさんにお伝えしてフレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともとFさんが保険会社から提示を受けていた金額の2倍近くに増え、また、弁護士費用特約の使用で弁護士費用の自己負担なく解決できたことをFさんはとても喜ばれました。

後遺障害について相談したい。

福岡県行橋市

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社役員

事故直後の診断

右肩鎖関節脱臼、胸部挫傷、外傷性めまい、頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
906万円 併合11級

事故の状況

Tさんは、高速道路を走行中に後続車から追突され、Tさんの車はその衝撃でスピンして壁に衝突し、Tさんはその際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

T様の満足度UPポイント Tさんは、事故によるケガで右肩を脱臼し、入院を余儀なくされました。Tさんは建設関係の仕事に従事しており現場での仕事が中心でしたが、このケガの影響で仕事ができなくなり、今後への不安から後遺障害について相談したいということでフレアに相談されました。
そこで、フレアがTさんからの依頼を受け、すべての保険会社対応をフレアが引き受けることでTさんには治療に専念をしていただきました。 事故から約10か月後、Tさんは医師により症状固定と判断されましたが、Tさんの脱臼した右肩は変形癒合し、また、可動域制限もあったためフレアが後遺障害申請のサポートをさせていただきました。
その結果、Tさんは後遺障害併合11級の認定を受け、それを踏まえて弁護士がTさんの損害額を算定して保険会社へ損害賠償請求を行いました。
保険会社は、弁護士が算定したTさんの損害額のうち、Tさんが会社役員であることを理由に「逸失利益」について争ってきました。
そこで、弁護士は、Tさんの役員報酬は労働の対価の面が強い旨を様々な資料から主張・立証し、保険会社との交渉を重ねました。
その結果、最終的にTさんは損害賠償金として約906万円を保険会社から支払ってもらえることとなり、Tさんはこの解決結果にとても満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡県飯塚市

  • 男性
    • 名前:Fさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
64万円 94万円 なし 30万円

事故の状況

Fさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Fさんは、事故の治療が終わって保険会社から示談金額の提示を受けましたが、周りから「弁護士に頼んだ方が慰謝料が上がる」と言われ、その提示された示談金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。<br> フレアが、保険会社からFさんに提示された示談金額の内容を確認したところ、慰謝料部分の算定が低く、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがある旨をお伝えして示談交渉のご依頼となりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともと保険会社からFさんに提示されたいた金額から約30万円の増額となり、また、弁護士費用特約の使用でFさんは弁護士費用の自己負担なく解決できたことにとても満足されました。

保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

北九州市若松区

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、左足部圧挫傷、左肩鎖関節脱臼

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 944万円 併合12級

事故の状況

Sさんは、バイクで走行中、前方の車が左折しようとしていたためにその右側から追い越そうとしたところ、その前方の車が急に左折を止めて今度は右折しようとしたために避けられず衝突し、Sさんは転倒して受傷しました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故後保険会社からたくさんの書類が届いたり電話がかかってくることを負担に感じ、できれば治療に専念したいということでフレアに相談されました。
Sさんがフレアに相談されたのは事故からまだ2週間ほどであったこともあり、Sさんは強い痛みの症状を訴えていましたので、フレアが依頼を受けて保険会社対応の一切を引き受け、Sさんには治療に専念をしていただきました。
Sさんの治療期間中、フレアは定期的にSさんの治療経過を確認し、また、後遺障害申請を見据えたアドバイスもさせていただきました。
事故から5か月を過ぎた頃、Sさんは医師より症状固定と判断されましたが、左肩に変形障害が残ったため、フレアはSさんの後遺障害申請のサポートをさせていただきました。
左肩の写真を撮り、見た目にも分かるほどの変形障害が残ってしまったことを書面で付け加え、しっかり準備して後遺障害申請を行った結果、Sさんは無事に後遺障害12級の等級認定を受けることができました。
その後、弁護士が保険会社とSさんに対する賠償金額の交渉を行い、Sさんは最終的に約944万円の賠償金を受け取ることができ、事故直後からの依頼で治療に専念できたうえに想像以上の賠償金を受け取ることができた解決結果にとても満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Wさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
58万円 83万円 なし 25万円

事故の状況

Wさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Wさんは、事故から7か月ほど治療に通われました。
事故前にはあまりなかった頭痛の症状が時おり出ることはありましたが後遺障害の申請は行わず、保険会社から慰謝料を支払ってもらってこの件は終わらせようと考えられていました。
そして、保険会社から書面で示談金額の提示を受けましたが、特に何の説明もなかったことが不安になり、保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からWさんに提示された示談金額の内容を確認したところ、慰謝料の算定が自賠責保険の低い基準に抑えられていたため、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがあり、その旨をWさんにお伝えしてフレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
弁護士による交渉の結果、もともと保険会社からWさんに提示されていた金額から約25万円増額での示談となり、Wさんは「示談を弁護士さんにお願いして良かった」ととても喜ばれました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82