解決事例

1 / 1512345...10...最後 »

【北九州市小倉北区】子供のケガに対して適正な補償を求めたい。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

左側頭骨骨折、左足軋轢創、外傷性鼓室内血腫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
117万円 235万円 14級5号 118万円

事故の状況

Sさんのお子さんは、信号機のない横断歩道を歩いて渡っていたところ、前方不注視の車にはねられて受傷しました。

満足度UPポイント

Sさんのお子さんは、事故のケガによる影響で左足大腿部と左足の甲に瘢痕が残り、後遺障害の等級認定を受けましたが、Sさんは保険会社から提示された示談金額が妥当なのかが分からずにフレアに相談されました。
フレアが保険会社からSさんに提示された示談内容の書面を確認したところ、慰謝料は十分に増額の見込みがあり、さらに瘢痕による逸失利益も交渉の余地がある旨をお伝えし、示談交渉のご依頼となりました。
弁護士が保険会社と交渉を行ったところ、保険会社は慰謝料については早期に提示額からの増額に応じましたが、瘢痕による逸失利益については労働能力の喪失は考えられないと否定しました。それでも、弁護士が過去の裁判例などを元に交渉を重ねたところ、保険会社は瘢痕による逸失利益についても一定額を賠償金として支払うということに応じ、Sさんは最終的にもともと保険会社から提示を受けていた金額の約2倍で示談合意できた解決結果にとても満足されました。

【北九州市小倉北区】保険会社からの示談提示金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉北区

  • 女性
    • 名前:Fさん
    • 性別:女性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰背部挫傷、両肩挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
60万円 81万円 なし 21万円

事故の状況

Fさんは、車を運転中に前方の横断歩道を歩行者が渡っていたためその手前で停止して待っていたところ、後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首から腰にかけて痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Fさんは、事故の治療が終わって、保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアがFさんに提示された示談内容の書面を確認したところ、弁護士による交渉で十分に増額する見込みがありましたのでその旨をFさんにお伝えし、示談交渉のご依頼をいただきました。
そして、弁護士による交渉の結果、もともとFさんが保険会社から提示を受けていた金額から約21万円増額での示談となり、ご依頼から1か月以内でのスピード解決であったことと弁護士費用特約の利用で自己負担なく適正な示談金を受け取ることができ、Fさんにはご満足いただけました。

【北九州市八幡西区】後遺障害について相談したい。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

右第4指中手骨頚部骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 207万円 なし(非該当)

事故の状況

Mさんは、交差点の横断歩道を青信号で渡っていたところ、同じ交差点を左折してきたバイクと接触して転倒し、右手指を骨折するケガを負いました。

満足度UPポイント

Mさんは、事故に遭って半年ほど治療を続けたところで医師より症状固定と判断され、後遺障害について相談したいということでフレアに相談されました。 右手指骨折部の癒合状態は良好でしたが、Mさんは右手指の痺れの自覚症状に悩んでいましたのでフレアがサポートをさせて頂いて後遺障害の申請を行いました。しかし、Mさんの右手指の痺れの症状は後遺障害とは認定されませんでした(非該当)。そこで、フレアはMさんと後遺障害申請結果(非該当)に対する異議申立をするかどうか相談しましたが、Mさんはフレアが親身になってやってくれた結果だからと納得され、異議申立は行わずに最終的な損害賠償金の交渉を希望されました。 フレアは、Mさんが負ったケガに対する損害賠償金の算定にあたり、慰謝料の他、休業損害(主婦休損)なども裁判所基準に基づいて算定を行いました。 そして、弁護士による交渉の結果、Mさんは約207万円の損害賠償金を保険会社から支払ってもらうことができ、Mさんはその解決結果に満足されました。

【北九州市八幡西区】保険会社の対応に不満がある。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 255万円 非該当⇒(異議申立)14級9号

事故の状況

Tさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故から3か月ほど経った頃から保険会社に「もう(治療は)いいでしょう」「治療を終わってください」と頻繁に言われるようになり、「まだ首の痛みが残っているのでもう少し通わせてください」とご自身で保険会社対応をされていました。しかし、どうしても感情的になってしまうこともあり、保険会社対応を弁護士に依頼したいと考え、フレアに相談されました。
フレアは、Tさんからのご依頼を受け、保険会社の負担においてTさんが治療を継続できるよう交渉を行いました。
その後、事故からもうすぐ6か月という頃に、Tさんは医師より症状固定と判断され、そこで保険会社の負担による治療は終了となりましたが、まだ首の痛みが治っていなかったこともあり、Tさんは後遺障害の申請を希望されました。
そこで、フレアが後遺障害申請のサポートをさせていただきましたが、最初の申請ではTさんに残存していた症状は後遺障害としては認定されず(非該当)、Tさんもフレアもその結果に納得ができなかったため、改めて異議申立を行い、無事に後遺障害14級の認定を受けることができました。
時間はかかりましたが、最初の申請結果(非該当)で諦めずに異議申立をして良かったとTさんは喜ばれ、また、最終的な賠償金についても弁護士による保険会社との交渉で適正な金額を支払ってもらうことができた解決結果にTさんはとても満足されました。

【北九州市門司区】保険会社から提示された示談金額や後遺障害について相談したい。

北九州市門司区

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:70代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

外傷性くも膜下出血、脳挫傷、左足部挫創、右とう骨遠位端骨折、多発腰椎圧迫骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
232万円 1061万円 11級7号 829万円

事故の状況

Mさんは、青信号で横断歩道を渡っている際に交差点を右折してきた車にはねられて受傷し、そのまま救急搬送されました。

満足度UPポイント

Mさんは、約1年2か月の間ケガの治療を続けたところで医師から症状固定の判断をされ、保険会社から示談金額の提示を受けました。しかし、まだ日常生活への支障があるほどにケガの痛みが残っていたことと示談金額の提示を受けてもそれが妥当なのか分からず、フレアに相談されました。
フレアは、Mさんからお話を伺い、まずは後遺障害申請のサポートをさせていただくこととなりました。Mさんが不便を感じられている状況などを丁寧に確認した上で後遺障害申請を行い、その結果、Mさんは無事に後遺障害11級の認定を受けることができました。
その後、弁護士が保険会社とMさんに対する損害賠償金の交渉を行ったところ、最終的に保険会社がMさんへ1061万円を支払うことで示談が成立し、もともとMさんが保険会社から提示を受けていた金額の約4.5倍(829万円の増額)になったことでMさんはとても喜ばれました。

【北九州市門司区】保険会社とのやりとりが大変なので弁護士にお願いしたい。

北九州市門司区

  • 女性
    • 名前:Wさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫・前胸部打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 85万円 なし

事故の状況

Wさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で胸をハンドルに打ちつけて受傷しました。

満足度UPポイント

Wさんは、初めての交通事故ということに加えて仕事と4人のお子さんの世話をしながら保険会社対応まではできないと困っていたところ、自動車修理工場の方から「Wさんの任意保険に弁護士費用特約が付いているから弁護士に相談しては」と勧められました。Wさんは自分の任意保険に弁護士費用特約が付いていたことを知らず、保険会社とのやりとりが大変だったこともありフレアに相談されました。そして、以後のやりとりは全てフレアに依頼されました。
フレアに依頼後、Wさんは保険会社とのやりとりから解放されたことで精神的な負担がなくなり、それだけでも弁護士への依頼のメリットを感じられていました。
事故から4か月ほどでWさんは治療を終え、幸いにも後遺障害が残ることなくケガの痛みはほとんど感じないまでに回復されました。賠償金についても弁護士が算定した適正な金額を保険会社に支払ってもらうことができ、Wさんは解決結果にとても満足されました。

【福岡県田川市】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡県田川市

  • 女性
    • 名前:Iさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫・腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
61万円 78万円 なし 17万円

事故の状況

Iさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Iさんは、事故によるケガの治療が終わって保険会社から慰謝料等の示談提示の書面を受け取りましたが、その金額が妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からIさんに提示された書面を確認したところ、十分に増額の見込みがあり、その旨をIさんにお伝えして示談交渉のご依頼となりました。
弁護士による交渉の結果、もともとIさんに提示されていた金額から約17万円の増額での示談となり、また、Iさんはご自身の任意保険に弁護士費用特約を付けていたため弁護士費用の自己負担なく解決ができたことに満足されました。

【福岡県中間市】過失割合が納得できない。

福岡県中間市

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫・腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 42万円 なし

事故の状況

Mさんは、前方を走っていた車が速度を落として停止したためその後方で停止したところ、その前方の車が駐車しようとバックしてきてMさんの車に衝突し、Mさんはその際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは、保険会社から「あなたにも過失がある」と言われ、10%の過失割合を言われたことに納得ができずフレアに相談されました。
フレアは、Mさんから事故当時の状況を伺ったところMさんには過失はないと判断し、保険会社との過失割合の交渉のご依頼をいただきました。
その後、弁護士がMさんの過失割合について保険会社との交渉を開始しましたが、保険会社は一切譲歩せず、「Mさんにも10%の過失がある」との主張を変えませんでした。保険会社との交渉は数か月に渡り続きましたが話し合いは平行線を辿り、フレアはMさんと相談して交通事故紛争処理センターへの申立を行うことにしました。
申立の結果、Mさんには過失がないということで保険会社との示談が成立し、その解決結果にMさんはとても喜ばれました。

【北九州市八幡西区】最後の示談交渉は弁護士にお願いしたい。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Iさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫・腰部挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
85万円 150万円 なし 65万円

事故の状況

Iさんは、青信号で交差点内に進入したところ、交差点左から信号無視をした加害車両が突っ込んできてIさんの車に衝突し、Iさんはその際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Iさんは、保険会社から提示された示談金額に不満があったわけではありませんでしたが、ご自身の任意保険に弁護士費用特約を付けていたこともあり、保険会社から提示された示談金額が妥当なのか調べてもらい、妥当な金額を支払ってもらえるよう弁護士に交渉をお願いしたいということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からIさんに提示された示談金額の書面を確認したところ休業損害(主婦休損)や慰謝料の項目で十分に増額の見込みがありましたので、保険会社との示談交渉をご依頼いただくことになりました。
弁護士による交渉の結果、示談金額はもともとIさんが保険会社から提示を受けていた金額の2倍近くに増額し、弁護士費用の自己負担もなく、また、依頼から解決まで約1か月のスピード解決となったことをIさんはとても喜ばれました。

【福岡県築上郡築上町】保険会社から提示された示談金額が少ない気がする。本当に妥当な金額なのか?

福岡県築上郡築上町

  • 男性
    • 名前:Iさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫・腰椎捻挫・右肘打撲・右膝打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
31万円 46万円 なし 15万円

事故の状況

Iさんは、直進走行中に脇道から飛び出してきた車が助手席付近に衝突し、Iさんの車はその衝撃で反対車線のガードレールまで飛ばされ、Iさんも首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Iさんは、事故の治療が終わって保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その金額が少ないのではと感じ、フレアに相談されました。
フレアが、保険会社からIさんに提示された書面を確認したところ、Iさんにも過失の生じる事故ではありましたが、それでも十分に増額の見込みがあり、その旨をIさんにお伝えして示談交渉のご依頼となりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともとIさんが提示を受けていた金額から約15万円の増額となり、また、約1か月のスピード解決であったこともIさんは喜ばれました。

1 / 1512345...10...最後 »