解決事例

保険会社とのやり取りが大変なので弁護士にお願いしたい。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前: Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:10代
    • 職業:小学生

事故直後の診断

左側頭部打撲、左下腿打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 111万円 なし

事故の状況

Yさんが、信号機のない交差点を自転車に乗って渡っていたところ、前方不注視の車と接触し、Yさんは転倒してケガを負いました。

満足度UPポイント

Yさんが事故に遭われてから3か月ほど経ったところで、Yさんのお母さまがフレアに相談に来られました。
Yさんはまだケガの治療中でしたが、Yさんのお母さまは仕事をしながら合間でYさんを病院に連れて行ったり、Yさんにはご兄弟もいたりして、そんな中での保険会社とのやり取りが大変な負担になっていました。
保険会社からは「Yさんにも過失がある」と言われ、その点も納得されていませんでした。
そこで、Yさんのお母さまからフレアが依頼を受け、以後の保険会社対応の一切をフレアが引き受けることでYさんのお母さまは保険会社対応から解放され、「精神的な負担が軽くなった」と喜ばれました。
Yさんは事故から6か月ほどでケガの治療を終えることができ、幸いにも後遺障害が残ることはありませんでした。
その後、弁護士がYさんの損害額を算定して保険会社との示談交渉に臨みましたが、保険会社は「Yさんにも1割の過失がある」と主張してきました。
その主張に対し、弁護士はすでに実況見分調書の取り寄せや事故現場確認、過去の裁判例などにより今回のケースではYさんには過失は生じない旨の結論を出しており、それらを踏まえて保険会社との交渉を続けました。
最終的に、保険会社もYさんには過失は生じないという内容に応じ、保険会社がYさんに対して約111万円を支払うという内容での示談となりました。
Yさんのお母さまは、Yさんに過失が生じない内容で示談できたことを大変喜ばれ、「交通事故専門の弁護士さんに任せて本当に良かったです」と今回の解決結果にとても満足されました。

今後の対応をどうしたらいいのか分からない。

福岡県中間市

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

胸部打撲、外傷性縦隔気腫、臀部打撲、左下腿打撲、外傷性頚部症候群

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 290万円 併合14級

事故の状況

Sさんは、青信号で交差点を直進中、左から赤信号を無視した車が交差点内に進入してきて衝突し、その際の衝撃でSさんは全身を強く打ちつけて約1週間入院されました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故に遭われて5か月ほど治療を続けられていたところ、医師より「そろそろ症状固定の時期」と言われ、まだケガの痛みが治っていない中での今後の生活に不安を感じ、フレアに相談されました。
そこで、フレアがSさんからの依頼を受け、事故に関するその後の様々な対応をフォローさせていただきました。
まずは、Sさんの主治医に対してSさんの治療経過等について照会し、その上でSさんの症状等について弁護士から改めて説明したところ、「もうしばらく治療を継続してみましょう」ということになり、引き続きSさんは治療を続けられました。
事故から約8か月後、Sさんは医師より症状固定と判断されましたが、依然としてまだケガの痛みが治らず、フレアはSさんと相談の上で後遺障害の申請に移りました。
後遺障害の申請にあたっては、フレアはSさんより残存する症状や事故前と比べた事故後の日常生活の支障等を詳細に聞き取り、それらを反映させて後遺障害の申請を行いました。
後遺障害申請の結果、Sさんは無事に後遺障害14級の等級認定を受けられ、その後の保険会社との示談交渉においても、Sさんは弁護士が算定した適正な金額の慰謝料等を保険会社から支払ってもらうことができ、Sさんは「自分に寄り添って最後まで親身になって接してもらえた」とフレアによる解決にとても満足されました。

後遺障害について相談したい。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前:Hさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

右肩鎖骨関節脱臼

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 375万円 12級5号

事故の状況

Hさんは、バイクを運転して交差点を直進中、対向の右折車と接触して転倒し、右肩を脱臼するケガを負いました。

満足度UPポイント

Hさんは、事故に遭って半年近く治療を続けたところで医師より症状固定と判断され、後遺障害について相談したいということでフレアに相談されました。
事故自体はHさんにも一定の過失が生じることはHさんも理解されていましたので、フレアは後遺障害申請と示談交渉についてご依頼をいただきました。
Hさんの後遺障害申請の準備を進める中で、Hさんがケガをされた部分はレントゲン画像にて変形がハッキリと確認できていましたのでフレアはHさんが後遺障害等級12級の認定を受けることは十分可能と考えていましたが、申請後の結果は想定とおり12級認定との判断で、まずはHさんはホッとされました。
その後、Hさんが後遺障害等級12級の認定を受けたことを踏まえてHさんの損害賠償請求額を弁護士が算定し、保険会社との賠償交渉に進みました。
まず、Hさんの過失割合については保険会社は当初から一貫して30%という主張を変えませんでしたが、弁護士が何度も交渉を重ねた結果、ようやく一部譲歩の姿勢を見せ、最終的にはHさんの過失割合は25%とすることで合意となりました。
また、Hさんの損害賠償額についても保険会社は弁護士が算定した金額について独自の見解を主張してなかなかフレアの請求額に応じなかったため、フレアはHさんに訴訟での解決を提案しましたがHさんは話し合いによる解決を希望されました。
そのため、引き続き弁護士が保険会社との賠償交渉を重ね、最終的に保険会社がHさんに対して約375万円を支払うという内容でHさんも納得され、無事に示談となりました。

保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

北九州市戸畑区

  • 女性
    • 名前:Fさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:無職

事故直後の診断

外傷性頚部症候群

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 128万円 なし

事故の状況

Fさんは、赤信号停車中に車4台が絡む玉突き事故に巻き込まれて受傷しました。

満足度UPポイント

Fさんは、事故に遭われた1週間後にフレアに相談に来られました。初めての事故で保険会社との対応に不安を感じられていたところ、周りから弁護士への相談を勧められたとのことでした。
Fさんは、相談には見えられたものの弁護士への依頼のメリットがよく分からないということでしたので、フレアにご依頼いただくことによってFさんが保険会社と直接やり取りをする必要がなくなることや、最終的な示談において保険会社から適正な金額の慰謝料等を支払ってもらえるよう弁護士が交渉できること等を説明し、「すべてお任せしたい」ということでご依頼となりました。
フレアに依頼した以降、Fさんはケガの治療に専念され、保険会社対応にストレスを感じることなく過ごせたことをとても喜ばれていました。
事故から約5か月後、Fさんは治療の効果もあり、ケガの痛みはほとんど感じなくなるまでに回復されました。
そのため、Fさんは通院を終えられ、その後に弁護士が保険会社とFさんに対する慰謝料等の賠償交渉を行い、Fさんは約128万円の慰謝料等を受け取ることで示談が成立しました。
Fさんは、「早めに交通事故専門の弁護士さんにお願いして良かった」とフレアへのご依頼の結果にとても満足されました。

保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 77万円 なし

事故の状況

Nさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは、初めての事故で保険会社との対応をどうしたらいいのか分からず、事故後1週間ほど経った頃にフレアに相談されました。
フレアは、Nさんに最後の示談までの流れやご依頼をいただいた場合のメリットなどを説明させていただき、Nさんはフレアへの依頼を決められました。
フレアへの依頼後、Nさんはケガの治療に専念され、保険会社との対応を気にしなくてよくなったことをとても喜ばれていました。
事故から3か月を過ぎた頃、フレアは保険会社からNさんの治療費対応の終了を打診されましたが、Nさんはまだケガの痛みが治っておらず通院の継続を希望されていましたので弁護士が保険会社とNさんの治療費対応の継続を交渉し、何とか保険会社には応じてもらうことができました。
その後、Nさんは事故のケガも無事に回復し、弁護士による賠償交渉を経て、Nさんは適正な賠償金を受け取ることができ、解決結果に満足されました。

保険会社が主張している自分の過失割合が納得できない。

福岡県行橋市

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚部捻挫、腰部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 48万円 なし

事故の状況

Yさんは、車を運転して対向車線側のスーパーの駐車場に右折で入ろうとしたところ、同じタイミングでスーパーの駐車場から出てきた車と衝突し、受傷しました。

満足度UPポイント

Yさんは、保険会社から双方の過失割合は50:50になると主張されました。
Yさんは自身に非はないと考えられており、そもそも保険会社がYさんの車に搭載していたドライブレコーダーの映像も確認することなく過失割合を決めた対応に納得できず、保険会社に不信感を抱いたことでフレアに相談されました。
フレアは、Yさんの車のドライブレコーダーの映像を拝見させて頂いた結果、Yさんにも過失は生じてしまうが保険会社の主張している過失割合は下げることができる見込みである旨、丁寧に説明させていただきました。Yさんは、弁護士の説明を理解され、適正な過失割合となるように保険会社と交渉をしてほしいということでフレアに依頼されました。
弁護士が保険会社とYさんの過失割合について交渉を開始したところ、保険会社はYさんの過失割合を40%という提案をしてきましたが、弁護士はこの提案に応じず、交渉を継続しました。
その後しばらくは弁護士と保険会社の交渉は平行線を辿りましたが、弁護士が粘り強く交渉を重ねたところ、保険会社はYさんの過失割合を30%という提案まで譲歩してきました。
そこで、弁護士はYさんと今後について相談をしましたが、訴訟になった場合は過去の裁判例からYさんにとって不利となる可能性もゼロではないことやなるべく早期に解決したいというYさんの意向を踏まえ、保険会社の提案(Yさんの過失割合30%)にて示談することとしました。
Yさんは、最初の保険会社の過失割合の主張で泣き寝入りして示談をせずにフレアに相談したことで、納得できる解決結果となったことをとても喜ばれました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡県行橋市

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、左肩関節捻挫、腰部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
39万円 55万円 なし 16万円

事故の状況

Yさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首から腰にかけて痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Yさんは、事故後3か月ほどで治療を終えられ、幸いにもケガの痛みはほとんど感じないまでに回復されました。
治療終了後、Yさんは保険会社から慰謝料等の提示を受けましたが、初めての事故ということもあり示談の流れがよく分からず、また、提示された金額が妥当なのかも判断できないということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からYさんに提示された示談内容を確認させていただいたところ、保険会社の算定は妥当とは言えず、弁護士による交渉で十分に増額の見込みがありましたのでその旨をYさんにお伝えし、フレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともとYさんが保険会社から提示を受けていた金額よりも約16万円の増額となり、また、弁護士費用特約の使用で弁護士費用の自己負担なく示談となった解決結果にYさんはとても満足されました。

保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われ、納得できない。

福岡県行橋市

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:60代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、後頭部打撲、左肩打撲、左腰部打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 74万円 なし

事故の状況

Yさんは、車を運転して直進走行中、センターラインをはみ出してきた対向車がYさんの車の前方右ライト部分に衝突し、Yさんはその際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Yさんは、事故から3か月ほど経った頃に保険会社から「病院に医療照会をした結果、症状固定と判断します」と言われ、治療費の支払いを終了すると伝えられましたが、Yさんはこの保険会社の一方的な宣告に納得できず、知人の紹介でフレアに相談されました。
そこで、フレアがYさんからの依頼を受け、保険会社とYさんの治療費対応についての交渉を行うにあたり、弁護士が保険会社と同じく病院に医療照会を行ったところ、Yさんの主治医は「Yさんの症状についてはまだ症状固定の時期にはない」という見解でした。
この結果を踏まえ、弁護士が保険会社とYさんの治療費対応について交渉を行いましたが、保険会社は「Yさんの治療が必要な期間についてはこちらが判断する」と治療費対応終了の考えは変えませんでした。
それでも、弁護士は粘り強く何度も保険会社との交渉を重ねていき、最終的には保険会社はYさんの治療費対応の延長に応じ、Yさんは事故から5か月ほど治療を続けることができました。
Yさんは、ケガの回復に十分な期間治療を続けられたことで症状はほとんど緩和され、最後に「フレアさんにお願いしていなかったらあのまま保険会社に治療を打ち切られ、一生ケガの痛みで苦しんでいたかもしれない。
本当にありがとうございました。」とおっしゃられていました。

後遺障害について相談したい。

福岡県中間市

  • 女性
    • 名前:Yさん
    • 性別:女性
    • 年齢:80代
    • 職業:無職

事故直後の診断

右鎖骨遠位端骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 220万円 14級9号

事故の状況

Yさんは、タクシー乗車中に事故に巻き込まれ、その際の衝撃で鎖骨を骨折するケガを負いました。

満足度UPポイント

Yさんは、事故に遭って半年ほど治療を続けられましたが、手のしびれや指が曲がらないといった症状が続いていたため、後遺障害について相談したいということでフレアに相談されました。
Yさんの主治医は、Yさんの症状についてまだ症状固定の判断をしていなかったため、フレアはYさんに引き続き治療やリハビリを継続していただきましたが、事故から約1年後、Yさんは手のしびれ等の症状が回復しないまま主治医より症状固定と判断されました。
そのため、フレアがYさんからの依頼を受け、Yさんの後遺障害申請のサポートをさせていただきました。
フレアによる後遺障害申請サポートの結果、Yさんの症状は後遺障害14級として認定されました。
その後、弁護士による保険会社との損害賠償額の交渉の結果、Yさんは保険会社から約220万円の慰謝料等を支払ってもらうことができ、Yさんは「保険会社の説明は難しくてよく分からなかったが、弁護士さんは専門用語を使わずに分かりやすく説明してくれたので安心して任せられました」 と大変喜ばれました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市若松区

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、左肩関節捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
36万円 62万円 なし 26万円

事故の状況

Mさんは、バイクに乗って交差点を直進しようとしていたところ、対向車線のトラックの強引な右折に巻き込まれて衝突し、転倒して受傷しました。

満足度UPポイント

Mさんは、事故の治療が終わり、保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その内容が妥当なものかどうか分からないということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からMさんに提示された示談内容を確認させていただいたところ、Mさんにも過失の生じる事故ではありましたが、それでも弁護士による交渉で十分に増額の見込みがあり、その旨をMさんにお伝えしてフレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
そして、弁護士による交渉の結果、示談金額はもともとMさんが保険会社から提示を受けていた金額よりも約26万円の増額となり、また、示談までにかかった期間もご依頼から1か月以内とスピード解決であったためMさんはこの解決結果にとても満足されました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82