解決事例

1 / 1212345...10...最後 »

【北九州市小倉北区】保険会社からの示談提示金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
35万円 60万円 なし 25万円

事故の状況

Tさんは、片側1車線の道路を直進走行中に側道から飛び出してきた車と衝突し、その際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故の治療が終わり、保険会社から慰謝料等の示談提示を受けましたが、初めての交通事故ということもあって一方的に保険会社から提示された金額で示談していいものかどうか悩み、フレアに相談されました。
Tさんにも過失の生じる事故ではありましたが、それでも弁護士が介入することによって十分に増額の見込みがあり、また、Tさんは自動車保険に弁護士費用特約を付けていたため示談交渉のご依頼となりました。
弁護士による交渉の結果、保険会社からTさんに提示されていた金額から約25万円増額での示談がまとまり、ご依頼から解決までも約1か月のスピード解決であったため、Tさんにはご満足いただけました。

【北九州市八幡西区】保険会社からの示談提示金額が妥当なのか知りたい。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Hさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
17万円 34万円 なし 17万円

事故の状況

Hさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Hさんは、事故の治療を終え、保険会社から示談提示を受けましたが、その提示された金額が妥当なのか分からなかったため、まずはご自身の保険代理店に相談されました。
そこで、保険代理店から、「弁護士費用特約が付いているから弁護士に相談しては」とアドバイスを受け、フレアに相談されました。
フレアが、保険会社からHさんに提示された書面を確認したところ、その算定方法は自賠責保険基準に準じた最低限のものでした。
フレアは、Hさんより示談交渉のご依頼を受け、そして、弁護士による交渉の結果、保険会社からHさんに提示されていた金額の約2倍の金額での示談がまとまり、ご依頼から解決までも約1か月のスピード解決であったため、Hさんにはご満足いただけました。

【大分県中津市】保険会社とのやり取りが精神的に苦痛。

大分県中津市

  • 女性
    • 名前:Nさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

肋骨骨折、頚椎・腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 362万円 併合14級

事故の状況

Nさんは交差点内を青信号で直進中に、対向車線の車が無理やり右折しようとしてNさんの車と衝突し、Nさんはその際の衝撃で肋骨骨折のケガと首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故後の保険会社とのやり取りを精神的に苦痛に感じて、弁護士に間に入ってほしいということでフレアに相談されました。
Nさんは、弁護士費用特約を使用して以後の手続き一切をフレアに依頼したことで保険会社とのやり取りから解放され、精神的な負担が軽くなったことを喜ばれて治療に専念されました。
事故から半年後、Nさんは医師から症状固定の判断を受けました。
しかし、Nさんはまだ、骨折をした肋骨のあたりや首・腰に痛みが残っていましたので後遺障害の申請を希望され、フレアはそのサポートをさせていただきました。
後遺障害申請の結果、無事にNさんに残存していた症状は後遺障害14級の認定を受けることができ、その後の弁護士による損害賠償金の請求を経て、Nさんは約362万円の損害賠償金を保険会社から支払ってもらうことができ、解決結果に満足されました。

【北九州市小倉北区】保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Kさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚胸腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 221万円 併合14級

事故の状況

Kさんは優先道路を走行して交差点に進入したところ、交差点右側から一時停止を無視して交差点内に進入してきた車に衝突され、その際の衝撃で首から腰にかけての広い範囲に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Kさんは事故から6か月ほど経ったところで保険会社から治療費の支払いを打ち切ると連絡があり、もう少し治療を続けたいと希望されフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、弁護士が保険会社とKさんの治療費対応について交渉を行ったところ1か月間の治療費対応を延長してもらえることになりました。
しかし、保険会社の治療費対応が終わった後もKさんの痛みの症状は継続していましたので、Kさんと相談して後遺障害申請を行うこととし、フレアはそのサポートをさせていただきました。
その結果、Kさんに残存していた症状は後遺障害14級にあたると等級認定を受けることができ、その後の弁護士による賠償交渉を経て、Kさんは約221万円の損害賠償金を受け取ることができましたので、解決結果に満足されました。

【福岡県遠賀郡水巻町】保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われ、納得ができない。

福岡県遠賀郡水巻町

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 268万円 14級9号

事故の状況

Sさんは、赤信号停車中に後続車から追突され、その際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Sさんは事故から3か月ほど経ったところで保険会社から治療費の支払いを打ち切ると連絡があり、まだ痛みが残っている状態で病院での治療も途中だったため、今後どうしたらいいのかが分からずにフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、弁護士が保険会社とSさんの治療費対応について交渉を行ったところ1か月間の治療費対応を延長してもらえることになりました。
しかし、保険会社の治療費対応が終わった後もSさんの痛みの症状は継続していましたので、ひとまずは自費での治療を継続してもらいました。
その後、事故から6か月ほど経ったところでSさんは医師から症状固定の判断をされましたので、フレアは自賠責保険に対し、Sさんが自費で通院された分の治療費の回収と後遺障害等級認定の申請を行いました。
その結果、無事に治療費の回収と後遺障害14級の認定を受けることができましたが、保険会社との損害賠償金の交渉においては保険会社から誠意ある回答が得られなかったため、交通事故紛争処理センターへの申立を行いました。
申立後、同センターの和解あっ旋により、フレアの請求の大部分を保険会社に認めてもらうことができ、同センターへの申立前に保険会社が提示していた金額から大幅な増額での示談となったことでSさんは大変満足されました。

【北九州市小倉南区】後遺障害について相談したい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Kさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

鼻骨骨折、両側膝関節部挫創、肺挫傷、びまん性軸索損傷、肝損傷、右膝蓋骨骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 1652万円 併合11級

事故の状況

Kさんは、夜間にバイクで幹線道路を直進中に、コンビニの駐車場から無灯火で出てきた車と衝突して救急搬送されましたが、そのまま4~5日間意識不明の状態が続きました。 Kさんは意識が戻った後も自身が事故に遭った記憶がなかったようで、後日、事故現場であったコンビニの防犯カメラ映像で事故の様子を確認されました。

満足度UPポイント

Kさんは、事故から1年ほど経った頃、医師から症状固定の話が出たタイミングで後遺障害申請の話を聞きたいということでフレアに相談されました。
Kさんは歯の欠損や顔に醜状瘢痕もあり、フレアとしては後遺障害申請のサポートをさせていただくこととなりました。
後遺障害申請後、自賠責調査事務所からの確認事項が多岐にわたり、結果が出るまでには相当の時間を要しましたが、無事に後遺障害併合11級の認定を受けることができました。
その後の弁護士による損害賠償請求の結果、Kさんにも過失割合が生じていたためにKさんの過失分は賠償金から減額となりましたが、それでも総額約1652万円の賠償金をKさんは受け取ることができ、想像もしていなかった大きな金額での解決にKさんは「専門家に任せて本当に良かった」ととても満足されました。

【福岡県中間市】加害者が任意保険未加入のため、きちんと賠償を受けられるのか不安。

福岡県中間市

  • 男性
    • 名前:Aさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 82万円 なし

事故の状況

Aさんは道路を直進走行中、前方にタクシーが突然割り込んできたために衝突を回避しようと急ブレーキをかけたところ、Aさんの後方を走行していたトラックに追突され、その際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Aさんは加害者が任意保険に未加入だったため、きちんと賠償を受けられるのか不安になりフレアに相談されました。
Aさんの治療終了後、フレアはまず、加害者の自賠責保険へ被害者請求を行い無事に自賠責保険金を回収することができました。
しかし、Aさんに対する賠償金は自賠責保険金だけでは不十分でしたので、自賠責保険から支払われた金額と弁護士(裁判所)基準の差額部分は加害者本人へ請求を行うこととしました。
ところが、加害者本人とはなかなか連絡が取れず、郵便物も届かない状態であったため、加害者本人が勤務先のトラックで事故を起こしていたこともあり、加害者本人の勤務先の代表者を運行供用者として損害賠償請求を行いました。
その結果、無事に請求額全額を加害者本人の勤務先の代表者から支払ってもらうことができ、Aさんは泣き寝入りすることなく適正な賠償金を受け取ることができ、解決結果にとても満足されました。

【北九州市八幡西区】保険会社が主張している自分の過失割合が納得できない。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Yさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

負傷なし(物損のみ)

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 8万円 なし

事故の状況

Yさんは、片側1車線の道路を走行中、前方に荷物の積み降ろしのためにトラックが停車していたため、対向車線に少しはみ出して追い越しをしようとしたところ、ちょうど路外駐車場から出てきた車と接触しました。

満足度UPポイント

Yさんは、保険会社から事故状況からして双方の過失割合は50:50になると主張されていました。
ただ、Yさんは事故現場付近はトラックがよく停車をしている場所であり対向車線に少しはみ出してしまうのはやむを得ないという思いと、事故直後に相手方運転手がYさんが来ていた方(左側)の確認をせずに道路に入ってしまったと話していたこともあり、保険会社の主張する過失割合に納得できないということでフレアに相談されました。
フレアは、双方の過失割合について保険会社との交渉の依頼を受け、まずは実況見分調書の取寄せを行い、その後、事故現場の確認を経て保険会社との交渉に臨みました。
弁護士による交渉の結果、最終的にYさんの過失を30%、相手方の過失を70%とすることで示談がまとまり、解決までに3か月ほどの時間を要しましたが、Yさんにはご満足頂けました。

【北九州市小倉北区】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、両肩捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
70万円 87万円 なし 17万円

事故の状況

Nさんは交通渋滞により停車中に後続者から追突され、その際の衝撃で首と両肩に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは事故の治療が終わり、保険会社から示談金額提示の書面を受け取りましたが、その金額が妥当なものかどうか分からなかったためフレアに相談されました。
フレアは、保険会社からNさんに提示された書面を確認したところ、慰謝料部分に増額が見込めると判断し、Nさんから示談交渉のご依頼を受けました。 弁護士による交渉の結果、Nさんは保険会社から事前に提示を受けていた金額よりも約17万円の増額で示談することができ、依頼から解決までの期間も1か月以内という早期解決だったことに満足されました。

【北九州市若松区】保険会社とのやりとりが大変なので弁護士にお願いしたい。

北九州市若松区

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚肩症候群、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 286万円 併合14級

事故の状況

Mさんは右折レーンに停車して対向の車の流れが途切れるのを待っていたところ、Mさんの前にいた車が無理やり右折をしたため対向のトラックがその車との衝突を避けようとしてMさんの車に正面からぶつかってきました。そのため、Mさんの車は大破し、Mさんもトラックとの衝突の衝撃で首から腰にかけて強い痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは事故の4日後にフレアに相談に来られました。まだ受傷部位の痛みが強くとても辛そうな感じでしたが、それでも仕事を休めない状況でとても保険会社対応まではできないということでフレアに依頼されました。
フレアに依頼後、Mさんは保険会社対応から解放され、仕事を続けながらも治療に専念できたことで精神的な負担が軽くなり、それだけでも弁護士への依頼のメリットを感じられていました。
事故から約6か月後、Mさんは医師により症状固定の判断をされましたが、まだ首や腰に痛みが残っていたため、フレアはまず後遺障害申請のサポートをさせていただきました。
後遺障害申請の結果、Mさんに残存していた首や腰の痛みは後遺障害等級14級に認定され、その後の保険会社との損害賠償交渉を経て、Mさんは最終的に約286万円の慰謝料等を受け取ることができ、解決結果にとても満足されました。

1 / 1212345...10...最後 »