弁護士に依頼する理由

弁護士による交渉で示談金の賠償額が増える可能性があります!

交通事故の賠償基準は3種類

STOP

一度示談すると、やり直しができません!

保険会社は示談の際、支払う賠償金の額をできるだけ低く抑えようとしますので、「裁判所基準」ではなく、「自賠責保険基準」または「任意保険基準」に従った額を提示してきます。
これを知らずに保険会社の提示してきた金額で同意してしまうと、本来もらえるはずだった金額よりも大幅に少なくなってしまうこともあります。
保険会社は弁護士が示談交渉に介入すると、その後、裁判になることを想定して示談金額を上げてきます。
したがって、弁護士に相談することで適正な賠償金を得ることができるようになります。

具体的な金額差を後遺障害慰謝料の賠償基準例で見てみましょう

保険会社が被害者の方に提示してくる示談金額は「自賠責保険基準」または「任意保険基準」で算出してあることがほとんどです。

多くの方は「保険会社の人が言ってるから正しいであろう」と示談書にサインしてしまっています。
しかし、一度サインしてしまうと、示談のやり直しはできません。
交通事故で大変な思いをした上に、本来受け取れるべき賠償金額を受け取れなくなってしまいます。

保険会社から示談金が提示されたら、まずは弁護士にご相談ください。

賠償金を増額するためには、交通事故案件に強い弁護士の介入が必要不可欠です。
弁護士が介入した場合には、裁判所基準に従って適正な賠償金額を算出し、賠償金増額のための交渉を行います。

交渉によって、保険会社の提示が正当な金額に達しない場合には、裁判を起こすことになりますが、弁護士による交渉や、裁判の結果、賠償金が大幅に増加することは決して珍しいことではありません。

交通事故案件は早い段階で弁護士に相談することがとても大切です。

後遺障害慰謝料の等級別による賠償基準例

例えば、後遺障害の慰謝料についてだけを見ても、それぞれの基準がどれくらい金額として違うのか明確にご理解いただけると思います。

自賠責保険基準 任意保険基準 裁判基準 差額
1級 1100万円 各保険会社が独自に定めていますが、
自賠責保険基準よりやや高いか、ほぼ同額がほとんどです
2800万円 1700万円
2級 958万円 2370万円 1412万円
3級 829万円 1990万円 1161万円
4級 712万円 1670万円 958万円
5級 599万円 1400万円 801万円
6級 498万円 1180万円 682万円
7級 409万円 1000万円 591万円
8級 324万円 830万円 506万円
9級 245万円 690万円 445万円
10級 187万円 550万円 363万円
11級 135万円 420万円 285万円
12級 93万円 290万円 197万円
13級 57万円 180万円 123万円
14級 32万円 110万円 78万円

あなたのお悩みお聞かせください

弁護士 佐々田 由華子

予期せぬ突然の事故に遭い、将来のご不安を抱えたまま日々の生活を送られている方は少なくありません。

  • 保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない
  • 提示された示談金を増額したいが、自分で交渉できる自信がない
  • 保険会社と交渉していたが、仕事もありわずらわしい
  • 示談金の交渉を弁護士に依頼したいが、費用がいくらかかるか心配