解決事例

【北九州市小倉南区】保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Sさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代 
    • 職業:パート

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 90万円 なし

事故の状況

Sさんは、前方の車が左折するのをその後方で停まって待っていたところ、後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故から約2週間後にフレアに相談に来られました。事故後何度か保険会社と話をしたり書類が届いたりしたもののSさんは初めての事故で保険会社との対応をどうしたらいいのか分からず、また、今後の流れも分からないとの不安を持たれていました。フレアに依頼後、Sさんは保険会社対応から解放されて精神的な負担が軽くなり、ご自身はしっかりと治療に専念されました。 事故から2か月を過ぎた頃、フレアは保険会社から「車両の損傷程度からして3か月を目処に治療を終了してほしい」との打診を受けました。しかし、Sさんはまだ首や腰の痛みを訴えており、フレアがSさんの主治医に医療照会を行うも医師はまだ「症状固定時期ではない」という判断であったため、弁護士は保険会社に「まだ治療終了には応じられない」と治療費対応継続の交渉を行いました。その結果、保険会社は治療費対応の継続に応じ、事故から約4か月後にSさんは症状固定となり、その後の弁護士による損害賠償額の交渉の結果、適正な金額での示談がまとまり、Sさんは解決結果に満足されました。