解決事例

【北九州市小倉北区】保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉北区

  • 女性
    • 名前:T様
    • 性別:女性
    • 年齢:30代 
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫、左肩関節捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 133万円 なし

事故の状況

Tさんは、車を運転中、前方を走っていた大型トラックが交差点をゆっくり左折しようとしていた後ろで止まって待っていました。ところが、大型トラックは一度で曲がりきれなかったのかバックをしてきて、Tさんの車に衝突をして、そのまま走り去ってしまいました。後日、走り去った大型トラックは発見され、事故処理をして保険対応してもらうことはできましたが、Tさんは事故の衝突の衝撃で首や肩に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは事故から4か月ほど経ったところで保険会社から「そろそろ症状固定の時期だと思うので治療を終了してくださいと連絡が入り、もう少し治療を続けたいと希望されフレアに相談されました。そこで、フレアが依頼を受け、弁護士が保険会社とTさんの治療費対応について交渉を行いました。保険会社は、Tさんが事故直後の一度しか病院に行っておらず、その後は整骨院のみでの治療であったため、治療継続の必要性を医師に確認できないということを理由に治療費対応継続に難色を示しましたが、最終的には1か月間の治療費対応を延長してもらえることになりました。Tさんは、保険会社による一方的な治療費対応の終了ではなく、納得できる期間治療を続けられたことに満足されました。