解決事例

【北九州市小倉南区】まだケガが治っていないので、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 84万円 なし

事故の状況

Mさんは、車を路肩に停車させようと左側に寄って減速したところ、後ろからきていた車に追突されました。その衝突の衝撃でMさんの車は電柱にぶつかり、Mさん自身も首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは、事故から3か月ほど経った頃に周りから「だいたい3か月くらいで治療を打ち切られる」という話を聞き、突然治療の打ち切りを言われたら困るという思いからフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、以後の保険会社対応はフレアが引き受け、Mさんには病院への定期的な通院と診察の際の注意点などをアドバイスし、しっかりと治療に専念していただきました。
フレアの受任以降、保険会社からMさんの治療状況を確認する電話が何度か入りましたが、その都度、弁護士がMさんの治療経過を説明し、まだ治療を終えられる段階ではないことを伝えました。そして、事故から半年ほど経った頃、Mさんは医師より症状固定と判断されましたが、幸いにも後遺障害の申請を行うほどの痛みは残っておらず、Mさんは十分な期間治療を続けられたことをとても喜ばれました。
その後、賠償金についても弁護士が算定した適正な金額を保険会社に支払ってもらうことができ、Mさんは解決結果に満足されました。