解決事例

保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 63万円 なし

事故の状況

Nさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故から2か月ほど経ったところで、保険会社から「車の修理代が少額だったのでそろそろ治療を終わってもらいたい」と言われ、まだ首や腰に痛みが残っていたためもう少し治療を続けたいと希望されフレアに相談されました。
そこで、フレアがNさんからの依頼を受け、保険会社との交渉を踏まえて弁護士がNさんの主治医に医療照会を行ったところ、Nさんの主治医は「まだ症状固定とは言えず、あと1~2か月は治療継続が必要であろう」との見解でした。
そこで、弁護士がNさんの主治医の見解を元に保険会社とNさんの治療期間について交渉を行い、その結果、保険会社はあと2か月間の治療費対応に応じ、Nさんは事故から約4か月間ケガの治療を続けることができました。
Nさんは、約4か月間ケガの治療を続けられたことでケガの痛みはほとんど感じないまでに回復され、治療終了後の賠償金の交渉もそのままフレアに対応してもらえた解決結果にとても満足されました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82