解決事例

保険会社から提示された示談金額が少ない気がする。本当に妥当な金額なのか?

北九州市八幡東区

  • 女性
    • 名前:Sさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、両側胸部打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
70万円 113万円 なし

事故の状況

Sさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故から4か月ほどでケガの治療を終えられ、保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その中の休業損害(主婦休損)の項目の計算方法に納得がいかず、フレアに相談されました。
フレアが、保険会社からSさんに提示された示談内容を確認したところ、Sさんの損額額の総額が自賠責保険の上限120万円にギリギリ収まるように算定されており、Sさんが納得されてなかった休業損害(主婦休損)は弁護士による交渉で十分に増額が可能でした。
そこで、フレアがSさんからの依頼を受け、弁護士が保険会社と示談交渉を行ったところ、示談金額はもともとSさんが保険会社から提示を受けていた金額から約43万円の増額となり、Sさんはこの解決結果にとても満足されました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82