解決事例

保険会社から提示された示談金額の増額交渉をお願いしたい。

北九州市戸畑区

  • 男性
    • 名前:Fさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部挫傷、左肩挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
72万円 90万円 なし 18万円

事故の状況

Fさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Fさんは、事故の治療が終わり、保険会社から示談金額の提示を受けましたが、その内容に通院のために残業ができなかった減収分が反映されていないことに納得ができず、示談金額の増額交渉をお願いしたいとフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、Fさんの事故前と事故後の勤怠管理簿や給与明細書などの疎明資料を元に資料を作成し、弁護士が保険会社に対してFさんの残業手当減収分を含めた慰謝料等の請求を行いました。しかし、保険会社は「Fさんの残業がなくなったのは勤務先の業績悪化の可能性も否定できない」と主張してFさんの残業手当減収分の支払いは拒否してきました。そのため、弁護士はFさんに訴訟や紛争処理センターの利用を提案しましたが、Fさんは話し合いによる早期解決を優先され、保険会社からの提示金額の増額を希望されました。
保険会社は当初、弁護士が算定した慰謝料も全額は支払えないという主張でしたが、それでも弁護士は保険会社との交渉を重ね、最終的には残業手当減収分を除く全額の支払いで保険会社と示談が成立し、Fさんがもともと保険会社から提示を受けていた金額よりも約18万円増額での解決となりました。
Fさんは、様々な解決方法がある中で、最後は自分の納得できる形での解決となった結果にとても満足されました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82