解決事例

8 / 10« 先頭...678910

まだ痛みが残っているのに保険会社からは治療の打ち切りを言われている。もう少し通院を続けたい。

  • 女性
    • 名前:Aさん
    • 性別:女性
    • 年齢:20代
    • 職業:兼業主婦

事故直後の診断

外傷性頚部症候群、両肩・腰部・右手挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
32万円 265万円 併合14級 233万円

事故の状況

Aさんはショッピングセンターの駐車場内で、前方の車が駐車スペースに強引に入れようとバックしてきたところでぶつけられ、その際にAさんの車への衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Aさんは保険会社の後遺障害申請の対応にも不満がありフレアに相談されました。
フレアは、Aさんに残存している症状を十分に聞き取り、後遺障害申請のサポートもさせていただいた結果、無事に後遺障害14級の認定を受けることができました。その後の示談交渉では、Aさんにも過失が20%あるケースではありましたが、保険会社からの事前提示額の8倍以上の金額で示談することができ、示談金額にもご満足いただけました。

保険会社から示談提示があったが、保険会社の対応に不満と不信感があるので交渉をお願いしたい。

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:兼業主婦

事故直後の診断

左膝関節打撲傷、右手関節打撲傷、右胸部打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
112万円 145万円 なし 33万円

事故の状況

Mさんは横断歩道のない道路を横断中に側道から出てきた車と接触して転倒しました。その際、全身を道路で強く打ってそのまま救急搬送され、頭痛と体のあちこちに痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは保険会社からの提示金額に不満があったわけではありませんでしたが、保険会社の対応に不満と不信感があったために示談交渉を弁護士に依頼されました。
保険会社からの事前提示の内容にMさんの主婦休損の項目はあったものの日額が自賠責保険基準の5,700円で計算されていましたのでそこは裁判所基準の日額で支払ってもらえるよう弁護士が交渉を行い、その結果、慰謝料の増額とあわせて30万円以上の増額にMさんは満足されました。

保険会社から示談提示があったが、増額の見込みがあるなら依頼したい。

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

左足関節挫滅創、両上腕皮膚欠損創

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
75万円 165万円 14級9号 90万円

事故の状況

Tさんはバイクで走行中に後続車より追突されて転倒しました。その際、全身を道路で強く打ってそのまま救急搬送され、足関節挫創の手術を行い、約2か月の入院を余儀なくされました。

満足度UPポイント

Tさんは後遺障害の申請前に傷害部分の示談はご自身で済ませていましたが、後遺障害の等級が下りて再度提示があった金額に疑問を感じられていました。
フレアはその提示金額に十分増額の見込みがあると判断し保険会社と交渉を行いました。その結果、示談金額は2倍以上に増額し、解決結果にご満足いただけました。

保険会社とのやり取りが面倒。後遺障害申請もサポートしてほしい。

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

頚椎捻挫、右中指・環指痛、末梢神経炎

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 218万円 14級9号

事故の状況

Mさんは信号機のない交差点を右折しようとウインカーを出して停車していた際に、対向直進車の脇見運転により正面衝突され、Mさんの車は廃車となりました。Mさん自身も頚部の強い痛みのほか、指先にしびれを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんはフレアに依頼したことで面倒に感じていた保険会社とのやり取りから解放され、治療と仕事に専念できたことに満足されていました。
しかし、治療を続けても頚部の痛みと指先のしびれは治らず日常生活や仕事に支障をきたしていたところ、フレアの後遺障害申請サポートで無事にMさんに残存していた症状が後遺障害として認定され補償を受けられたことでご満足いただけました。

もう少し治療を続けさせてほしい。

  • 男性
    • 名前:Iさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

頚椎捻挫、左肩部挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 134万円 なし

事故の状況

Iさんは赤信号停車中に後方から来た車に追突され、首から肩にかけてむち打ちの症状で痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Iさんは事故後ずっとご自身で保険会社と話をしていましたが、事故から3か月が経った頃に保険会社から治療打ち切りの打診を受け、もう少し治療を続けさせてほしいと思い弁護士に依頼されました。そして、弁護士による治療期間延長交渉の結果、保険会社に1か月ほどの治療期間の延長を認めてもらうことができ、痛みがほとんどなくなるまで治療を受けられたことに満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない。

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、前胸部打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
59万円 89万円 なし 30万円

事故の状況

Mさんは赤信号停車中に後方から来た車に追突され、上半身を車体に強く打ちつけた痛みが激しく、そのまま救急搬送されました。

満足度UPポイント

Mさんは保険会社から提示された示談金が妥当なのかが気になり、最初はご自身で探された別の法律事務所に相談されましたが、Mさんはご自身の任意保険に弁護士費用特約が付いていなかったために「弁護士費用を支払ってまで弁護士に依頼するメリットはない」と言われ、スッキリしない気持ちのまま示談をしようとしていました。
示談前、Mさんは知人からフレアを紹介され、また同じことを言われる覚悟でフレアに相談したところ、フレアとしては『弁護士費用以上に示談金が増額する見込みはある』と判断し受任させていただきました。その結果、示談金は約30万円増額することができ、弁護士費用を支払ってもMさんの手元には事前提示を上回る金額のお金が残り、何よりも丁寧に話を聞いてくれたフレアの対応にMさんは大変喜ばれました。

車の修理代のこと、これからの治療のこと、休業損害のこと、後遺障害のこと・・・自分では対応できないのでプロにお任せしたい。

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:60代
    • 職業:無職(求職中)

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、左肩棘上筋断裂・左肩打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 629万円 併合12級

事故の状況

Tさんは赤信号停車中に後方から来た車にノーブレーキで追突され、Tさんの車は損傷が激しく廃車となりました。Tさん自身もその衝撃で身体を車体に強く打ちつけられ、首から腰の広い範囲に痛みを感じるようになり、左肩棘上筋断裂という重傷を負いました。

満足度UPポイント

Tさんは事故直後から保険会社との様々な交渉をフレアに依頼されたことで、ご自身はしっかりと治療に専念することができました。その後、フレアは、Tさんに残存している症状を十分に聞き取り、後遺障害申請のサポートもさせていただいた結果、無事に後遺障害12級の認定を受けることができました。慰謝料の面でも保険会社からしっかりと賠償金を支払ってもらうことができ、Tさんにはすべての面においてご満足いただけました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない。

  • 女性
    • 名前:Hさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:兼業主婦

事故直後の診断

右手関節捻挫、右肩関節捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
63万円 121万円 なし 58万円

事故の状況

Hさんは青信号で交差点に入った際、信号無視をして交差点に侵入してきた乗用車に衝突され、右手と腰の右側あたりに痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Hさんは保険会社からの提示金額に不満があったわけではありませんでしたが、提示された金額が妥当かどうか分からないということで相談されました。
保険会社からの提示にはHさんがパートで働いているため休業損害の項目はありませんでしたが、フレアはHさんの主婦業という側面から主婦休損が請求できると判断し保険会社と交渉を行いました。その結果、保険会社に主婦休損を認めてもらい、事前提示からほぼ倍額での示談にHさんは満足されました。

保険会社から示談提示があったが、まだ痛みが残っているので後遺障害の申請をしたい。

  • 女性
    • 名前:Fさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、右肩関節捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
76万円 355万円 併合14級 279万円

事故の状況

Fさんは助手席に同乗しての走行中、後続車の脇見運転により追突され、首から腰にかけて痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Fさんは保険会社からの提示金額が少ないのではないかという思いと痛みやしびれの症状が残っていたために後遺障害の申請もしたいと考え相談されました。また、事故後、右耳の聴こえが悪くなっていたことで、これも事故の影響ではないかと不安に感じられていました。そこで、フレアが後遺障害申請のサポートをさせていただいたところ、無事に頚椎捻挫及び右難聴の症状で後遺障害14級の認定を受けることができました。さらに、後遺障害14級では4~5年の逸失利益が一般的なところ、15年間の逸失利益を認めてもらい、事前提示から約4.7倍での示談にFさんは満足されました。

後遺障害申請もサポートしてほしい。

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:自営業

事故直後の診断

左橈骨遠位端骨折、右膝挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 315万円 14級9号

事故の状況

Yさんはバイクで走行中、前方を走行していた自動車が突然右折しようとしたため、それを避けようとして転倒し、左橈骨遠位端骨折の重傷を負いました。

満足度UPポイント

Yさんは治療の甲斐あって骨折部分は無事に癒合しましたが、それでも左手首の痛みは残っており、日常生活や仕事上で感じる支障は少なくありませんでした。そこで、フレアが後遺障害申請のサポートをさせていただいたところ、無事にYさんに残存する症状を後遺障害として認定してもらうことができ、傷害慰謝料だけではなく、後遺障害慰謝料および逸失利益も支払ってもらうことができました。

8 / 10« 先頭...678910