解決事例

8 / 8« 先頭...45678

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない。

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:無職

事故直後の診断

頚椎捻挫、第3・4胸椎圧迫骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
572万円 1,040万円 併合11級 468万円

事故の状況

Tさんは青信号で横断歩行中、交差点を左折してきた乗用車にはねられて救急搬送され、頚椎捻挫および第3・4胸椎圧迫骨折のケガを負いました。

満足度UPポイント

Tさんは事前提示の金額に不満があったわけではありませんでしたが、事前提示額の計算根拠が分からなかったこともあり弁護士に相談されました。 そこで弁護士による試算の結果、明らかに少ない金額での提示であったため弁護士による適正な金額の賠償を相手方に求めていくこととしました。 Tさんは裁判上の請求は希望されず、お互いが歩み寄っての示談となりましたが、それでも事前提示額の2倍近い示談金額に満足されました。

保険会社の言いなりは嫌だけど、あまり揉めたくもない。

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

外傷性頚部症候群

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 130万円 なし

事故の状況

Mさんは交差点内で右折待ち停車中に後続車より追突されて後頚部を受傷、医師より外傷性頚部症候群(むち打ち)との診断を受けました。

満足度UPポイント

Mさんは裁判ではなく話し合いによる早期解決を希望されていたところ、弁護士による短期間の交渉で裁判によらず裁判所基準の満額の慰謝料を支払ってもらうことができました。

後遺障害申請もサポートしてほしい。

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 274万円 14級9号

事故の状況

Sさんは車での仕事帰りに赤信号停車中、脇見運転のワンボックスカーにノーブレーキで追突され、突然の激しい衝撃で身体が揺さぶられて首と腰の痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Sさんは約6ヶ月間におよぶ治療及びリハビリでも首や腰の痛み、手先のしびれなどが回復せず仕事にも支障をきたしていたところ、フレアの後遺障害申請サポートの結果、きちんと後遺障害として認定してもらうことができ、傷害慰謝料の他、後遺障害慰謝料及び逸失利益を支払ってもらうことができました。

主婦の休業損害を支払ってほしい。

  • 女性
    • 名前:Iさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

腰部捻挫、右膝・右肘打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 243万円 なし

事故の状況

Iさんは青信号で横断歩行中、交差点を右折してきた乗用車にはねられ、身体ごとボンネットに乗り上げてそのまま地面に落下しました。 その際、腰部を強く打ち、右肘と右膝も打撲するケガを負いました。

満足度UPポイント

Iさんは事故後、身体の痛みから家事にかかる時間が事故前と比べて増え、大変な思いをされました。そのため、主婦休損はしっかりと支払ってもらいたいという思いが強く、その思いを受けたフレアがしっかりと保険会社と交渉した結果、主婦休損として自賠責保険基準の日額5,700円ではなく裁判所基準(平成25年賃金センサス女性平均)の日額9,696円で全通院日数139日分にあたる134万7,744円を支払ってもらうことができました。

8 / 8« 先頭...45678