解決事例

10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »

【福岡県中間市】加害者が任意保険未加入のため、きちんと賠償を受けられるのか不安。

福岡県中間市

  • 男性
    • 名前:Aさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 82万円 なし

事故の状況

Aさんは道路を直進走行中、前方にタクシーが突然割り込んできたために衝突を回避しようと急ブレーキをかけたところ、Aさんの後方を走行していたトラックに追突され、その際の衝撃で首と腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Aさんは加害者が任意保険に未加入だったため、きちんと賠償を受けられるのか不安になりフレアに相談されました。
Aさんの治療終了後、フレアはまず、加害者の自賠責保険へ被害者請求を行い無事に自賠責保険金を回収することができました。
しかし、Aさんに対する賠償金は自賠責保険金だけでは不十分でしたので、自賠責保険から支払われた金額と弁護士(裁判所)基準の差額部分は加害者本人へ請求を行うこととしました。
ところが、加害者本人とはなかなか連絡が取れず、郵便物も届かない状態であったため、加害者本人が勤務先のトラックで事故を起こしていたこともあり、加害者本人の勤務先の代表者を運行供用者として損害賠償請求を行いました。
その結果、無事に請求額全額を加害者本人の勤務先の代表者から支払ってもらうことができ、Aさんは泣き寝入りすることなく適正な賠償金を受け取ることができ、解決結果にとても満足されました。

【北九州市八幡西区】保険会社が主張している自分の過失割合が納得できない。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Yさん
    • 性別:女性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

負傷なし(物損のみ)

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 8万円 なし

事故の状況

Yさんは、片側1車線の道路を走行中、前方に荷物の積み降ろしのためにトラックが停車していたため、対向車線に少しはみ出して追い越しをしようとしたところ、ちょうど路外駐車場から出てきた車と接触しました。

満足度UPポイント

Yさんは、保険会社から事故状況からして双方の過失割合は50:50になると主張されていました。
ただ、Yさんは事故現場付近はトラックがよく停車をしている場所であり対向車線に少しはみ出してしまうのはやむを得ないという思いと、事故直後に相手方運転手がYさんが来ていた方(左側)の確認をせずに道路に入ってしまったと話していたこともあり、保険会社の主張する過失割合に納得できないということでフレアに相談されました。
フレアは、双方の過失割合について保険会社との交渉の依頼を受け、まずは実況見分調書の取寄せを行い、その後、事故現場の確認を経て保険会社との交渉に臨みました。
弁護士による交渉の結果、最終的にYさんの過失を30%、相手方の過失を70%とすることで示談がまとまり、解決までに3か月ほどの時間を要しましたが、Yさんにはご満足頂けました。

【北九州市小倉北区】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、両肩捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
70万円 87万円 なし 17万円

事故の状況

Nさんは交通渋滞により停車中に後続者から追突され、その際の衝撃で首と両肩に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは事故の治療が終わり、保険会社から示談金額提示の書面を受け取りましたが、その金額が妥当なものかどうか分からなかったためフレアに相談されました。
フレアは、保険会社からNさんに提示された書面を確認したところ、慰謝料部分に増額が見込めると判断し、Nさんから示談交渉のご依頼を受けました。 弁護士による交渉の結果、Nさんは保険会社から事前に提示を受けていた金額よりも約17万円の増額で示談することができ、依頼から解決までの期間も1か月以内という早期解決だったことに満足されました。

【北九州市若松区】保険会社とのやりとりが大変なので弁護士にお願いしたい。

北九州市若松区

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚肩症候群、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 286万円 併合14級

事故の状況

Mさんは右折レーンに停車して対向の車の流れが途切れるのを待っていたところ、Mさんの前にいた車が無理やり右折をしたため対向のトラックがその車との衝突を避けようとしてMさんの車に正面からぶつかってきました。そのため、Mさんの車は大破し、Mさんもトラックとの衝突の衝撃で首から腰にかけて強い痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは事故の4日後にフレアに相談に来られました。まだ受傷部位の痛みが強くとても辛そうな感じでしたが、それでも仕事を休めない状況でとても保険会社対応まではできないということでフレアに依頼されました。
フレアに依頼後、Mさんは保険会社対応から解放され、仕事を続けながらも治療に専念できたことで精神的な負担が軽くなり、それだけでも弁護士への依頼のメリットを感じられていました。
事故から約6か月後、Mさんは医師により症状固定の判断をされましたが、まだ首や腰に痛みが残っていたため、フレアはまず後遺障害申請のサポートをさせていただきました。
後遺障害申請の結果、Mさんに残存していた首や腰の痛みは後遺障害等級14級に認定され、その後の保険会社との損害賠償交渉を経て、Mさんは最終的に約286万円の慰謝料等を受け取ることができ、解決結果にとても満足されました。

【北九州市八幡西区】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市八幡西区

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

左足関節捻挫、左足部打撲傷、左大腿打撲傷、左足関節打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
70万円 90万円 なし 20万円

事故の状況

Mさんは、夜間に横断歩道を横断中に車と接触しました。接触の際、車のバンパー部分がMさんの左足部分にあたったため、Mさんは左足全体に強い痛みを感じるほど負傷しました。

満足度UPポイント

Mさんは事故の治療が終わり、幸いにも左足の痛みを感じることはなくなりましたが、保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からないということで、お母さまと一緒にフレアに相談されました。
フレアがMさんに提示された保険会社からの書面を確認したところ、自賠責保険の上限である120万円以内に収まるよう調整されていたため十分に増額が見込め、また、弁護士費用特約も使えたために示談交渉のご依頼となりました。
弁護士による交渉の結果、保険会社からMさんに提示されていた金額よりも20万円の増額で示談がまとまり、ご依頼からの期間も1か月以内でのスピーディーな解決にMさんは満足されました。

【北九州市八幡西区】保険会社が主張している自分の過失割合が納得できない。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:20代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 76万円 なし

事故の状況

Mさんは2車線ある道路の右車線を走行していたところ、その左車線を走行していた車が転回禁止場所にもかかわらず突然転回のためにMさんが走行していた右車線に入ってきたため、Mさんはブレーキを踏みましたが間に合わず、相手車両の後部右側面に衝突しました。

満足度UPポイント

Mさんは相手車両の転回禁止場所での転回行為による事故で受傷しましたが、相手運転手は事故態様についてMさんとはまったく違った主張をしていたため、双方の過失割合の話が平行線となり、保険会社はMさんの車の修理代および治療費は対応できないとMさんに告げ、それに困ったMさんは知人の紹介でフレアに相談されました。
保険会社はMさんと相手運転手の過失割合は50:50を主張していましたが、Mさんの話を聞いたところ、フレアは保険会社の主張は妥当ではないと判断し、Mさんから依頼を受け、過失割合について保険会社と交渉をさせていただくこととなりました。
しかし、弁護士の交渉によっても保険会社は双方の過失割合の主張を変えず話し合いは平行線を辿ったため、Mさんと相談のうえ、訴訟を提起しました。 その訴訟の結果、Mさんの過失割合を20%、相手運転手の過失割合を80%とすることで和解となり、Mさんは車の修理代、治療費および慰謝料等を保険会社から支払ってもらうことができ、この解決までには時間はかかりましたが十分に満足して頂くことができました。

【北九州市小倉北区】保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Hさん
    • 性別:女性
    • 年齢:40代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

腰部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
42万円 75万円 なし 33万円

事故の状況

Nさんは赤信号で停車中に後ろからトラックに追突され、この際の衝撃で腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Hさんは、事故の治療が終わり、保険会社から慰謝料の提示書面が郵送で送られてきましたが、その内容が妥当なものかどうか分からないということでフレアに相談されました。
フレアがHさんに送られてきた提示書面を確認したところ、慰謝料の他、主婦業をされていたHさんの休業損害(主婦休損)の部分も増額の見込みがあったため、フレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
弁護士による交渉の結果、Hさんに提示されていた金額から約33万円増額での示談となり、また、弁護士費用特約の使用でHさんは弁護士費用の自己負担なく解決できたことに満足されました。

【北九州市小倉北区】加害者と連絡が取れず治療費を支払ってもらえない。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫・背部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 80万円 なし

事故の状況

Tさんは、赤信号停車中に後続車から追突され、その際の衝撃で首から背中にかけて痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故によりケガを負いましたが、保険会社から「契約者(加害者)と連絡が取れないので保険対応できない」と言われ、困ってフレアに相談されました。

そこで、フレアが依頼を受け、加害者への連絡を試みましたが連絡が取れず、やむを得ずTさんにはご自身が加入していた任意保険の人身傷害特約で治療費の対応をしていただきました。その後も加害者とは一切の連絡が取れない状態が続き、そのうちにTさんの治療が終了となりました。

フレアは、Tさんと打ち合わせを行い、訴訟へと移行することとし、訴訟では加害者から何ら反論が出ることなくTさんの請求が全額認められた判決が下りました。

その後、ようやく加害者と連絡が取れ、加害者が保険使用の手続きを取ったことで、Tさんは裁判所基準満額の慰謝料等を受け取ることができ、解決結果にご満足されました。

【北九州市小倉北区】保険会社との対応をどうしたらいいのか分からない。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Yさん
    • 性別:男性
    • 年齢:60代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫・腰部捻挫・両肩痛

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 237万円 14級9号

事故の状況

Yさんは、交差点を左折する際に横断歩道を渡っていた歩行者がいたために停車して待っていたところ、後ろからきた車に追突をされ、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Yさんは、事故から2週間後にフレアに相談に来られました。初めての事故で保険会社との対応をどうしたらいいのか分からず、また、今後の流れも分からないとの不安を持たれていました。
Yさんは治療にあたり、病院は待ち時間が長いからと整骨院のみでの治療を考えられていました。しかし、ケガが治らなかった場合は後遺障害申請もしたい気持ちも持たれていたため、フレアは病院での定期的な医師の診断も継続しておいた方がいい旨をアドバイスし、結果、病院と整骨院併用での治療をYさんは選択されました。
事故から半年後、Yさんは医師より症状固定と判断されましたが、まだ腰の痛みが残っていましたのでフレアは後遺障害申請のサポートをさせていただきました。Yさんは、フレアのアドバイスとおりに整骨院での治療に加え、病院での定期的な医師の診断も受けていたことで後遺障害申請はスムーズに進み、結果、無事に後遺障害14級の認定を受けることができました。
その後、弁護士による損害賠償額の交渉の結果、適正な金額で示談がまとまり、解決結果にYさんはとても満足されました。

【北九州市小倉北区】保険会社からの提示金額に納得できない。

北九州市小倉北区

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:60代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

左肩鎖骨関節脱臼・左肋骨多発骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
600万円 1,350万円 10級10号 750万円

事故の状況

Sさんはバイクで交差点を直進していたところ、対向の右折車に巻き込まれてその車の下敷きになり受傷しました。この事故の衝撃でSさんは左肩関節を脱臼し、肋骨骨折のケガを負いました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故によるケガで後遺障害の等級認定を受けたにも関わらず保険会社から提示された示談金額が少ないと思い、フレアに相談されました。
フレアが保険会社からSさんに提示された示談内容の書面を確認したところ、慰謝料の金額がかなり低く算定されており、また、後遺障害逸失利益についてはほとんど考慮されていませんでした。
そのため、フレアが裁判所基準に基づいた適正な損害賠償額を算定し、それを踏まえて弁護士が交渉を行った結果、Sさんが保険会社から提示を受けていた金額よりも750万円増額で示談がまとまり、当初の2倍以上の金額の示談金を受け取ることができたSさんは、解決結果に大変満足されました。

10 / 20« 先頭...89101112...20...最後 »