解決事例

【北九州市若松区】過失割合の交渉をお願いしたい。

北九州市若松区

  • 男性
    • 名前:Kさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群・外傷性腰部症候群・右肩痛・右肘痛

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 47万円 なし

事故の状況

Kさんは片側2車線の右側を走行中に右折車と接触。その後、首から腰にかけてと右肘に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

走行中の事故ということもありKさんにも過失が発生しました。しかし、事故当初から加害者の証言が2転3転したこともあってなかなか双方の過失割合が決まらず、治療に専念したいと相談に来られました。
フレアの受任当初、相手方保険会社はKさんにも2割の過失があるとの主張でしたが、フレアによる交渉の結果、Kさんの過失は1割ということで話がまとまりました。
Kさんはご自身の過失割合が下がったことや治療のために会社を休んでしまった分の休業補償を受けられたこと、フレアに全てを任せたことで最後まで治療に専念できたことに満足されました。

【行橋市】弁護士費用特約とは?

行橋市

  • 男性
    • 名前:Dさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
28万円 51万円 なし 23万円

事故の状況

Dさんは赤信号停車中に後ろから追突されました。そのときの衝撃で頚部に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Dさんは保険会社から示談提示を受けましたが、その金額が妥当なのか知りたくて相談に来られました。
フレアがその提示内容を確認したところ十分増額の見込みがありましたが、Dさんは弁護士費用がどのくらいかかるものなのか心配をされていました。そこで、フレアはDさんに弁護士費用特約の有無を確認しましたが、Dさんは弁護士費用特約の存在をご存知ありませんでした
そのため、フレアはDさんに弁護士費用特約のご説明をしてDさんに任意保険の内容をご確認いただいたところ弁護士費用特約が付帯していたことが分かり、Dさんは弁護士費用をご自身で負担することなく弁護士に依頼でき、示談金も事前の提示額より2倍近くに上がったことで大変ご満足いただけました。

【中間市】示談提示があったが、事故が初めてなのでよく分からない。

中間市

  • 女性
    • 名前:Iさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

盤多発骨折・左肘部挫創・右肘打撲傷・右恥骨骨折 左坐骨骨折・右肘部皮膚欠損創

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
50万円 105万円 なし 55万円

事故の状況

Iさんは信号のない横断歩道を横断中に右折車にはねられました。そのときの衝撃で骨折等の大きな怪我を負い、入院をしました。

満足度UPポイント

Iさんは事故により骨折し、家事の大部分で不都合が生じ苦労されました。初めての事故のため、保険会社からの示談提示が妥当なものか分からず専門家に相談をしました。
フレアでは、慰謝料や主婦休損の部分がきちんと賠償として反映されていないと判断し、Iさんへ家事に生じた不都合を細かく聞取りをして、弁護士による交渉の結果、事前の提示額より2倍アップしたことで満足いただけました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない。

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:兼業主婦

事故直後の診断

外傷性頚部症候群

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
81万円 112万円 なし 31万円

事故の状況

助手席に乗っていたMさんは、車が渋滞のため停車中に後方から追突され、その際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは事故に遭った車の運転手が物損の示談(車の修理代)で保険会社と揉めているのを目の当たりにしていましたので、治療が終わって保険会社から提示された金額が妥当なのか見てほしいということでフレアに相談されました。
フレアが保険会社からの示談提示の書面を確認したところ十分増額の見込みがありましたのでご依頼を頂くことになりました。
交渉の結果、約30万円増額での示談となりましたが、Mさんは金額面以上に適正な金額で示談ができたことに満足されました

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない。

  • 男性
    • 名前:Kさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
32万円 60万円 なし 28万円

事故の状況

Kさんは高速道路で渋滞のため停車中に後続車の脇見運転により追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Kさんは初めての事故ということもあり治療中は保険会社に言われるがまま進めてきましたが、治療が終わって保険会社から示談の話が出た際に、周りの勧めもあってフレアに相談されました。
フレアでは保険会社からの提示金額に十分増額の見込みがあることをお伝えし、ご依頼をいただきました。交渉の結果、事前提示の約2倍の金額で示談がまとまり、「フレアに依頼して良かったです」とのお声をいただきました

保険会社から一方的に治療打ち切りを言われたが、もう少し治療を続けたい。

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、外傷性頚肩腕症候群

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 63万円 なし

事故の状況

Mさんは赤信号停車中に後方から来た自動車に追突され、その際の衝撃で首や肩、腕に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは事故によるケガでむち打ちの症状が出ていたため整形外科での治療を続けていましたが、事故から3か月を過ぎた頃に保険会社から治療打ち切りの話をされました。そのため、まだ首に痛みを感じていたMさんは治療延長の交渉を希望されフレアにご依頼されました。
弁護士が保険会社と交渉した結果、1か月の治療延長を保険会社に了承していただき、Mさんは十分な期間治療を継続できたことに満足されました

保険会社の対応に不満があるので、示談交渉をお願いしたい。

  • 男性
    • 名前:Iさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚部痛、腰部痛、背部痛

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
56万円 80万円 なし 24万円

事故の状況

Iさんは赤信号停車中に後方から来た軽自動車に追突され、その際の衝撃で首と腰、背中に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Iさんは治療中の保険会社の対応に不満を感じられており、治療が終わったタイミングで相談に来られました。Iさんは任意保険に弁護士費用特約を付けていませんでしたが、フレアが相談時に弁護士費用を明確に提示したことで不安は払拭され、何よりも「自分で保険会社と交渉をしなくて済む」というところに一番のメリットを感じてフレアにご依頼されました。
フレアによる交渉の結果、Iさんは弁護士費用を示談金の中から支払っても事前提示を上回る示談金を受け取ることができたため、解決結果にご満足いただけました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか分からない。

  • 女性
    • 名前:Nさん
    • 性別:女性
    • 年齢:50代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚椎捻挫・頭部打撲

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
67万円 180万円 なし 113万円

事故の状況

Nさんは交差点を直進中に左から一時停止を無視した加害車両に衝突され、首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは事故によるケガの影響で家事労働の大部分に不都合が生じ苦労されました。しかし、保険会社からの示談提示にはその部分が反映されていなかったため、フレアに提示額が妥当なのか相談をしました。
フレアでは、Nさんが家事労働を行ううえで生じた支障などを細かく聞取りをして、主婦休損として請求を行いました。
その結果、Nさんの家事労働への支障も損害として適正な賠償を受けることができ、ご満足いただけました。

後遺障害の申請をお願いしたい。

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:50代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫、右足関節打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
62万円 267万円 併合14級 205万円

事故の状況

Tさんは青信号で交差点を直進していたところ、左から信号無視の車が交差点に進入してきて、自車の側面と衝突。事故後、首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんはまだ事故の治療が終わらないうちに保険会社に治療費の打ち切りをされてしまいました。
フレアは後遺障害申請を視野に入れて、Tさんには自費での通院を継続してもらい、症状固定を迎えた段階で後遺障害申請を行い、その結果、無事に併合14級の認定を受けることができました
保険会社に一方的に治療費の支払いを打ち切られてしまいましたが、フレアのアドバイスで後遺障害の認定を受けることができ、最終的な賠償額についてもご満足いただけました。

ケガの痛みがなかなか治らず、今後が不安。

  • 女性
    • 名前:Mさん
    • 性別:女性
    • 年齢:60代
    • 職業:主婦

事故直後の診断

頚部捻挫、右膝関節血腫、右股関節打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 834万円 12級13号

事故の状況

Mさんは青信号で横断歩道を横断中に右折車にはねられて受傷し、首と右膝を痛めました。

満足度UPポイント

Mさんは事故から約4か月後にフレアに相談されましたが、4か月が経過しても右膝の内出血がひどく血を抜き続けている状態でした。
Mさんはレントゲンしか撮られていなかったため、急いでMRIを撮るよう勧め、その結果、右膝関節内不顕性骨折の診断を受け、Mさんの痛みの原因が判明しました。
その後、フレアがMさんの後遺障害申請についてもサポートさせて頂き、無事に12級13号が認定されました
Mさんはフレアに相談したことで痛みの原因が判明し、その後のサポートにも満足頂けました。

10 / 14« 先頭...89101112...最後 »