解決事例

保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰部挫傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 63万円 なし

事故の状況

Nさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故から2か月ほど経ったところで、保険会社から「車の修理代が少額だったのでそろそろ治療を終わってもらいたい」と言われ、まだ首や腰に痛みが残っていたためもう少し治療を続けたいと希望されフレアに相談されました。
そこで、フレアがNさんからの依頼を受け、保険会社との交渉を踏まえて弁護士がNさんの主治医に医療照会を行ったところ、Nさんの主治医は「まだ症状固定とは言えず、あと1~2か月は治療継続が必要であろう」との見解でした。
そこで、弁護士がNさんの主治医の見解を元に保険会社とNさんの治療期間について交渉を行い、その結果、保険会社はあと2か月間の治療費対応に応じ、Nさんは事故から約4か月間ケガの治療を続けることができました。
Nさんは、約4か月間ケガの治療を続けられたことでケガの痛みはほとんど感じないまでに回復され、治療終了後の賠償金の交渉もそのままフレアに対応してもらえた解決結果にとても満足されました。

最後の示談交渉は弁護士に任せたい。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 107万円 なし

事故の状況

Sさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Sさんは、事故後8か月ほど治療を行い、症状固定を迎えました。
そこで、最後の示談交渉は弁護士に任せたいと思われてフレアに相談されました。
フレアは、Sさんより依頼を受け、保険会社と示談交渉をさせていただくこととなりましたが、 Sさんは症状固定後も腰に痛みが残っていたため、まずは後遺障害の申請を希望されました。 フレアは、保険会社からSさんの通院資料一式を取り付け、後遺障害申請の検討をしましたが、 Sさんの腰痛の症状は事故前から続いていたことや医師の所見を踏まえ、 Sさんが後遺障害の等級認定を受けられる可能性は低い旨、弁護士がSさんに伝えました。
それでも、Sさんは「ダメならダメで仕方ない。 自分が納得するためにも後遺障害申請をお願いしたい。」と改めて後遺障害の申請を希望され、 フレアはまず後遺障害申請のサポートから取り掛かりました。
しかし、Sさんの後遺障害申請の結果は「非該当」となりました。
Sさんは、後遺障害申請結果「非該当」については納得して受け入れ、 異議申立は行わずに最後の示談交渉を進めていくことを希望されました。
そして、弁護士による交渉の結果、 保険会社がSさんに対して約107万円を支払うことで示談が成立し、 Sさんは納得できる解決結果となったことをとても喜ばれました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

福岡市早良区

  • 女性
    • 名前:Nさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:無職

事故直後の診断

左大腿部打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
54万円 79万円 なし

事故の状況

Nさんは、住宅街の中の道路脇を歩行中、後ろからきた車のドアミラーがNさんに当たり、Nさんはその際に受傷しました。

満足度UPポイント

Nさんは、事故の治療が終わり、保険会社から慰謝料の提示を受けましたが、 周りから「弁護士を入れた方が慰謝料が増える」と言われ、 無料で相談に乗ってくれる事務所をインターネットで探され、 フレアの「示談金無料診断サポート」を利用されました。
示談金無料診断の結果、保険会社による慰謝料算定は自賠責保険の基準となっていたため、 弁護士による交渉で十分に増額の見込みがありました。
そのため、フレアがNさんからの依頼を受け、 保険会社と示談交渉をさせていただくこととなりました。
そして、弁護士による交渉の結果、 慰謝料はもともとNさんが保険会社から提示を受けていた金額よりも約25万円の増額となり、 この解決結果にNさんはとても喜ばれました。

事故が原因で減少した残業手当や営業手当も補償してほしい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Oさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

肋骨骨折、指打撲傷、両下腿打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
133万円 218万円 なし

事故の状況

Oさんは、バイクで走行中、前方の横断歩道を渡っている人がいたためにその手前で停車して待っていたところ、後ろからきた車に追突されて転倒し、肋骨骨折を伴う重傷を負いました。

満足度UPポイント

Oさんは、ケガの治療を終えられた後、 保険会社から示談金額の提示を受けましたが、 営業の仕事をしていたOさんはケガによる通院等が原因で減少していた残業手当や営業手当も補償してほしいと 思い、その交渉をお願いしたいということでフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、 Oさんにもご協力いただいて事故前後でOさんの各種手当が減少している旨の裏付け資料を付けて、 弁護士が保険会社と示談交渉を行いました。
弁護士による交渉の結果、保険会社はフレアの請求額を全額認め、 示談金額はもともとOさんが保険会社から提示されていた金額から約85万円の増額となり、 Oさんは希望とおりの解決結果となったことをとても喜ばれました。

以前、フレアに事故の解決をしてもらった。今回の事故もフレアにお願いしたい。

福岡県行橋市

  • 男性
    • 名前:Sさん
    • 性別:男性
    • 年齢:70代
    • 職業:無職

事故直後の診断

腰部打撲傷、右肩打撲傷

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 115万円 なし

事故の状況

Sさんは、車を運転して道路を直進中、右前方の細い脇道から飛び出してきた車と衝突し、その際の衝撃で受傷しました。

満足度UPポイント

Sさんは、以前にも別の事故でフレアに依頼されたことがあり、今回の事故もフレアにお願いしたいということで相談されました。
Sさんの奥様は介護が必要な状態であり、Sさんは保険会社とのやり取りを負担に感じられていましたので、 フレアが保険会社対応の一切を引き受け、Sさんにはケガの治療と奥様の介護に専念をしていただきました。
事故から約5か月後、Sさんは無事にケガの治療を終えられました。
そこで、弁護士が事故によるSさんの損害額を算定しましたが、Sさんには奥様の介護のための家事労働者という側面 がありましたので休業損害(主夫休損)もしっかりと盛り込みました。
保険会社は、Sさんの休業損害(主夫休損)について最初は難色を示していましたが、 Sさんの家事労働の実態などを書面で丁寧に説明して弁護士が粘り強く交渉を重ねたところ、 保険会社はSさんの休業損害(主夫休損)を認め、 最終的に保険会社がSさんに対して約115万円を支払うことで示談が成立しました。
Sさんは、慰謝料の他、休業損害(主夫休損)の支払いまで受けられたことをとても喜ばれ、この解決結果に満足されました。

保険会社との対応を弁護士にお願いしたい。

北九州市若松区

  • 男性
    • 名前:Mさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚椎捻挫、腰椎捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 387万円 非該当⇒(異議申立)14級9号

事故の状況

Mさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突され、その際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Mさんは、事故後3か月ほど経った頃に周りから「保険会社の対応は3か月で終わる」と聞き、まだ痛みの残っていたMさんは 保険会社対応を弁護士にお願いしたいということでフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、以後のフレアが依頼を受け、以後の保険会社対応の一切をフレアが引き受けることでMさんには治療に専念していただきました。 最終的にMさんは事故から半年近く治療を続けたところで医師より症状固定と判断され、保険会社対応による治療は終えられましたが、まだケガの痛みが残っていたMさんは 後遺障害申請を希望され、フレアがそのサポートをさせていただきました。
しかし、後遺障害申請の結果は「非該当」となり、Mさんもフレアもその結果には納得できなかったため異議申立を行うこととしました。
異議申立を行うにあたり、症状固定により保険会社対応での治療が終了したあとも自費での通院治療を続けていた Mさんの事情などを訴える書面をフレアが作成するなど準備をしっかりとして異議申立を行った結果、最初の「非該当」の判断は覆り、Mさんは無事に後遺障害14級の等級認定 を受けることができました。
その後、弁護士が保険会社とMさんに対する損害賠償金の交渉を行い、保険会社がMさんに対して約387万円を支払うことでの示談が成立し、Mさんはこの解決結果にとても満足されました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市八幡西区

  • 男性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

左脛骨腓骨骨幹部骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
61万円 125万円 なし 64万円

事故の状況

Tさんのお子さんが幼稚園バスから降りて反対車線にいた母親の元へ行こうと道路を横断中に車にはねられ、足の骨を折るケガを負いました。

満足度UPポイント

Tさんのお子さんは事故後1年ほど治療をされました。
幸いにも足の骨折以外にケガはなく、治療を終えた頃にはTさんのお子さんは元気に走り回り、医師からも「後遺障害は残らない」と言われ、Tさんはとても安心されていました。
その後、Tさんは保険会社から示談金額の提示を受けられましたが、その金額が示談金として妥当なのか分からず、保険代理店の方の紹介でフレアに相談されました。 フレアが、保険会社からTさんに提示された示談内容を確認したところ、慰謝料の他、お子さんの通院に付き添ったご両親の付き添い看護料などに増額の見込みがあり、また、Tさんはご自身の自動車保険に弁護士費用特約を付けられていてそれを使うことにより弁護士費用の自己負担もなかったため、フレアに保険会社との示談交渉を依頼されました。
そして、弁護士による示談交渉の結果、もともと保険会社からTさんに提示されていた金額の2倍以上の金額で示談がまとまり、Tさんは「やっぱりプロにお任せして本当に良かったです」ととても喜ばれました。

以前、フレアに事故の解決をしてもらった。今回の事故もフレアにお願いしたい。

山口県下関市

  • 男性
    • 名前:Iさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

外傷性頚部症候群、腰部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
91万円 なし

事故の状況

Iさんは、赤信号停車中に後ろからきた車に追突されました。その後、相手方はブレーキとアクセルを踏み間違え、もう一度Iさんの車に勢いよく衝突し、Iさんはその際の衝撃で首や腰に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Iさんは、以前にも別の事故でフレアに依頼されたことがあり、その時は事故後しばらく経ってからの依頼で依頼前後でのご自身の負担が全然違っていたことから今回の事故では最初からフレアにすべてを依頼したいとのことで事故直後に相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、以後の保険会社とのやり取りの一切をフレアが引き受けることでIさんにはケガの治療に専念をしていただきました。
事故後3か月を過ぎた頃から保険会社は度々Iさんの治療終了の打診をしてきましたが、フレアは定期的にIさんのお怪我の回復具合を確認していたためその度に弁護士が「Iさんはまだ治療を終えられる段階ではない」と治療継続の交渉を重ね、最終的に事故後6か月ほどで医師が症状固定の判断をするまでの間治療を行うことができました。
Iさんの治療終了後、弁護士が保険会社とIさんへの損害賠償金の交渉を行い、保険会社がIさんに対して約91万円を支払うことで示談が成立しました。
Iさんは、今回の事故でもフレアに依頼したことによって納得できる解決結果となったことをとても喜ばれました。

保険会社から提示された示談金額が妥当なのか知りたい。

北九州市小倉南区

  • 男性
    • 名前:Iさん
    • 性別:男性
    • 年齢:40代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

右肩鎖関節捻挫、頚椎捻挫、右側頭部打撲挫創、左踵部打撲傷、左踵骨骨折

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
165万円 295万円 併合14級 130万円

事故の状況

Iさんは、自転車に乗って横断歩道を渡っていたところ、交差点を左折してきた車と接触して転倒し、受傷しました。

満足度UPポイント

Iさんは、事故後7か月ほどで治療を終えられ、治療終了後に保険会社に後遺障害申請を行ってもらったところ、後遺障害14級との認定を受けられました。
その後、Iさんは保険会社から慰謝料等の示談提示を受けられましたが、ご自身で調べられた金額よりも少なかったことに疑問を感じ、この金額が本当に妥当なのか知りたいということでフレアに相談されました。
フレアが、保険会社からIさんに提示された内容を確認したところ、慰謝料の他、後遺障害逸失利益にも弁護士による交渉で十分に増額の見込みがあり、それをIさんにお伝えしてフレアが示談交渉をさせていただくこととなりました。
そして、弁護士による交渉の結果、もともと保険会社からIさんに提示されていた金額よりも約130万円の増額で示談となり、Iさんは「最初の保険会社からの提示の金額で示談しなくて本当に良かったです」ととても喜ばれました。

保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われているが、もう少し治療を続けたい。

北九州市小倉南区

  • 女性
    • 名前:Tさん
    • 性別:男性
    • 年齢:30代
    • 職業:会社員

事故直後の診断

頚部捻挫

事前提示 示談金額 後遺障害 増えた金額
なし 268万円 非該当⇒(異議申立)14級9号

事故の状況

Tさんは、車を運転して直進走行中、Tさんの右側車線を並走していた車が突然の車線変更でTさんの車と接触し、Tさんはその際の衝撃で首に痛みを感じるようになりました。

満足度UPポイント

Tさんは、事故後3か月ほど治療を続けたところで保険会社から「今月末までしか治療費の支払いができないので、治療を終わらせてほしい」と言われ 、まだ首に痛みが残っていたTさんは困ってフレアに相談されました。
そこで、フレアが依頼を受け、Tさんの主治医の協力のもと、「Tさんはまだ症状固定の時期ではなく相当期間は治療の継続が必要である」と弁護士が保険会社と交渉を行いました。
その結果、保険会社はTさんの治療費の支払い継続に応じ、最終的にTさんは事故から6か月ほど治療を行うことができました。
しかし、事故から6か月ほどが経過してもTさんの首の痛みは残っていましたので、フレアはまずTさんの後遺障害申請のサポートをさせて頂きました。
後遺障害申請の結果は「非該当」となり、この結果にはTさんもフレアも納得できず、改めてTさんの主治医の協力のもと、新たな資料等を準備して後遺障害申請結果「非該当」に対する異議申立を行いました。その結果、事故後Tさんに残存する首の痛みの症状は後遺障害14級として認定され、その後の弁護士による保険会社との示談交渉においてTさんは最終的に約268万円の損害賠償金を受け取ることができ、この解決結果にTさんは納得され、とても満足されました。

ページトップ
北九州オフィス
0120-70-71-72
福岡オフィス
0120-70-77-82